blog

コップの会 ワイナリー紹介 その3 “初登場のふたり”

最後の2ワイナリーは初登場のおふたりです。
偶然にもお隣の県から。


広島・福山わいん工房の古川理香さん。
2016年からスタートした日本初のスパークリングワイン専門のワイナリーです。地元の農家のブドウと自社のブドウでゆくゆくは全国に誇れるワイン産地にしたいとご夫婦二人で醸されています。今回は奥様の理香さんが参加!


最後は、岡山のdomaine tetta(ドメーヌ・テッタ)の片寄広朗さん。
domaine tettaのぶどう畑は、岡山県北西部、新見市哲多町にあります。
『晴れの国・岡山』と言われる通り、長い日照時間と寒暖差、そして美しい自然の山々に囲まれた石灰質の土壌。標高400メートルの小高い山の頂上に広がる集約したぶどう畑でこの地の可能性を最大限引き出せるぶどう栽培にチャレンジしています。今回参加の片寄さんは、ぶどうの栽培兼醸造責任者。ソムリエ、ワインショップ勤務、20代後半でフランスに渡り、栽培と醸造の現場で武者修行をしたという幅広い経験をされてきた方です。tettaの類稀な土質に惚れ込み、大阪から移住されたそう。そのあたりの話しも聞いてみたいですね!

前売り券もう少しあります(1部はごくわずか)ので、
お早めにお問合せください!

第6回 コップの会 in 博多
~日本ワインをもっとたのしく~

■日時 2018年3月18日(日)1部 13時~15時 2部 17時~19時

■会場 D&DEPARTMENT FUKUOKA ディーアンドデパートメントフクオカ
福岡市博多区博多駅前1-28-8-2F TEL092-432-3342
アクセス:JR博多駅より徒歩10分・地下鉄祇園駅4番出口より徒歩2分

Continue reading

3/18開催 コップの会 ワイナリー紹介 その2 “関東からのふたり”

“お馴染みのトリオ”に続いて紹介するのは、関東から参加のおふたり。


千葉県から齊藤ぶどう園の齊藤雅子さんは今回で4回目の参加です。

1930年(昭和5年)、松林を開墾し、ぶどうの苗木を定植することから、齊藤ぶどう園の歴史は始まりました。現在も家族で運営する小さな小さなワイナリーです。昔ながらのやり方を守り、全ての行程を手作業で行なっています。旨みを残すために無濾過、そしてぶどう酵母菌を活かし、フレッシュな状態で一本ずつ瓶詰めしています。

彼女は、今後日本ワイン界において、重要な女性になるのではないでしょうか。


つづいては昨年第5回からの参加、栃木県のココ・ファーム・ワイナリーの石井秀樹さん。

“こんなワインになりたい”という葡萄や酵母の声に耳を澄ませ、その持ち味を生かすことがこころみ学園のワイン醸造場、ココ・ファームのあり方です。

栽培担当の石井さん。元ウェディングプランナー、この笑顔のまんま、とても優しいお兄さんです。

2012年から2年間、スタッフ大坪も研修生としてお世話になっていた、とどろき酒店とも縁の深いワイナリーです。

************************

“ワイングラスの
脚がとれたらコップになった

Continue reading

3/18開催 コップの会 ワイナリー紹介 その1 “お馴染みのトリオ”

春が来たな、と思ったらコップの会
私たちスタッフも楽しみにしていて、
こうして風物詩になっていることがとてもうれしい会です。

「日本ワインをもっと身近に感じてもらいたい!」
と生産者有志の声かけから日本各地で開催されています。
コップでかぷかぷ飲むって、なんだか気軽で楽しいのです。

今年博多には7つのワイナリーが来場します。

今日は3つのワイナリーを紹介!
6年前の第1回目から参加いただいている、
お馴染みのお三方です。


まずはタケダワイナリーの岸平和寛さん。
ワイナリーの長女であり元代表・醸造責任者の典子さんとご結婚されたことで、市役所職員からの転身!という異色の経歴の持ち主。
タケダワイナリーは、山形県蔵王連峰のふもとの南向きの高台に位置しています。1920年(大正時代)開園以来、「良いワインは良い葡萄から」をモットーに、土づくりから始めた葡萄栽培、ワイン醸造を続けています。


同じく山形から、酒井ワイナリーの酒井一平さん。
東京農業大学大学院卒、2004年に実家である酒井ワイナリーに入社。現在は代表取締役でもあり、栽培・醸造担当者として現場に立っています。
創業は明治25年。白竜湖をのぞむ鳥上坂のぶどう畑で作られたぶどうで、小さいながらもこだわりのあるワイン造りを続けています。昔ながらの、ろ過機を一切使わないノンフィルターワインが自慢です。


そしてお馴染みトリオ最後は、われら九州からの唯一の参加ワイナリー。
宮崎弁がキュートな都農ワインの赤尾誠二さんは、生まれも育ちもワイナリーと同じ児湯郡。18歳から都農ワインのブドウ栽培とワイン醸造に従事し、2006年には、日豪交流事業にてオーストラリアで研修。現在は工場長代理です。最初にワイン造りを教えてもらった女性が素敵な人だったのでそのままワインにはまってしまったとのこと!
都農は、尾鈴連山と日向灘が出会う場所。台風などの自然条件と戦いながら地域に根差した都農の気候風土を反映したブドウ造りに取り組んでいます。

さて、今日のところはこのあたりでさようなら。
残り4人はまた随時ご紹介していきます〜

************************

“ワイングラスの
脚がとれたらコップになった

Continue reading

ヴァン・ド・ミチノク

もうすぐ3月11日ですね。7年前のこの日は飛行機の中でした。
随分時間がたったようでもあるし、ついこの前のような気もします。。。

「同じ空の下、 同じワインで 心寄せる一日に。」

3月11日という日に”何か”をする事。
”何か”があることが重要だと、その日を全国の皆で共有して一つに繋がること。

そして東北6県から集めた葡萄のみを原料に造られた
VIN de MICHINOKU
が、誕生しました。

☆赤 ヴァン・ドゥ・ミチノク2017   2500円
東北6県のブドウをブレンド。タケダワイナリーが醸造しました。

『今年のVIN DE MICHINOKUの2017ヴィンテージにつきまして』
ミチノクは2016が酵母添加での醸造と苦戦のヴィンテージになりましたが、今回の2017年はブドウの状態が非常によく(過去最高)ピュアなブドウの旨味が詰まったワインになったと思います。もちろんサンスフルです。

三筑本店は3月11日から販売。
薬院Stand!は3月12日から販売します。

【お願い】
3月11日19時解禁です。必ず抜栓は解禁時間以降でお願いします。

梅の木咲きました。

どもども、あべなりです。

今年も玄関前の「梅の木」咲きました。

気付けば1つや2つではなくて。

梅はすっごい枝が伸びていくんですが、
あるお客様に
「桜切るバカ梅切らぬバカ」
ということわざを伺い、この数年気にせずかなりカットしていたら「キメラ化」激しくなって。

ちなみに「キメラ」とは・・・
“遺伝子の異なる細胞がまじった状態の生物”のことで、花の場合は1つの木から数色の花が咲いたりしたり。

まぁ、2色楽しめるし綺麗なんでよろしいかと(笑)

このまま数ヵ月後には、
たくさんの梅の実がなってくれることを
期待してま~す!!

おいしいものやおいしくなるもの

春の嵐。
お酒の段ボールが風に飛ばされないよう折って折って折りまくるのが
この季節の風物詩的作業です。

本店に食品と器のコーナーを作りました。
スタッフもお気に入りのお酢やお醤油、
お酒や料理がおいしくなる器を並べました。

日向水木もきれいに咲いております。

お酒を買うついでにでものぞいてみてください!

(ちなみに本日月曜は定休日なのでお間違いなきよう…)

映画で乾杯!part.2

こんにちは!塚本です!

今回ご紹介するのはジョン・カーニー監督の「シング・ストリート 未来へのうた」です!

80年代のダブリン―――
一目惚れした女の子の気を引くためにバンドを始めた主人公のコナー。
音楽を始める動機ってこんなものですよね?しかし、コナーは本気で音楽の道にのめりこんでいきます。
学校のはみ出し者たち、道半ばで音楽の道を諦めた兄貴。多くの人たちの協力でコナーは・・・
音楽好きなら誰もが憧れるロンドンは海を渡ればすぐそこに。
最高の青春音楽映画がここにあります!!!

監督ジョン・カーニーの半自叙伝とも言われているこの映画は、音楽が好きな人、特に高校生くらいの時にバンドをやってた人なんかは絶対ハマります。
僕はサントラも買いました。

音楽と映画は切っても切れないものです。
映画で使われていたBGMを聴くと、あのシーンやこのシーンが浮かんできます。
中学生のときに大好きだった音楽を聴くと校舎や若かりし同級生を思い出します。
この映画を見てそんな気持ちに浸って欲しいです。

そしてこの映画で栓を開けたいお酒がこちら。

「時計じかけのオレンジ」じゃねーか!!

そう思われたことでしょう。
Rock’n roll is a RISK!
ロックには覚悟が必要なのです。
それもこの映画におけるテーマの一つと言ってもいいでしょう。
だからこそのワインなのです。

こちらは「オレンジ・モーザニック」というオレンジワイン。
酸味、渋み、果実味を感じ、少しおいてから飲むとまた格別!
まさに青春の味わいです。
てっきり時計じかけのオレンジに出てくるミルクのような、危険なワインかと思っていましたが良かったです。(笑)
青春映画と一緒に飲んだのが良かったのかもしれませんね。

やはりその時のコンディションによって五感って変わるものだと思います。
いつも美味しくお酒が飲めればいいなぁ~。
と今回のブログを書いていて感じました。
それではまた次回も映画で乾杯しましょう!

福岡の車窓から vol.2

こんにちは。
お酒の配達を担当しております、とおるです。
(飲食店様へ、一升瓶3本より配達しております。)

皆様お待たせ致しました、
配達先シリーズ第2段です!

今回ご紹介するお店は、薬院駅から徒歩3分、中央区高砂にある
「呑酔庵 味季 高砂店」様です。

赤い東洋美人の前掛けに、横山五十と東洋美人を持った写真は、総括の木村さんです。
昭和57年生まれで私と同級生の彼は、お酒に対する情熱は、誰にも負けません。
独自技法の”熟成魚”の刺身や、朝〆の若鶏の焼き鳥、優しい出汁の水炊きは、
まさにお酒飲みの為に作られました。

常時、10種類以上の日本酒メニューから、飲み比べセットで楽しむのもありですよ。
お近くにいらした際は、是非ご来店下さい。

春の陽気

今宵堂さんの器、薬院stand!にも一部展示しています。
モクレンが咲くと、すぐそこに桜の季節がきている合図ですね。


【輪花徳利・輪花盃】春を感じる日には、こんな器で


stand!で日本酒を出しているこの酒コップ&画伯コップも今宵堂さん作です
よくお問合せをいただくので、ただいま追加オーダー中 夏くらいに再入荷予定です

今宵堂の酒器展
おアチいのがお好き♡
Sake Like It Hot

◎日時 2.11(土)~2.25(日)10:00-19:00(日曜は~18:00)
◎場所 とどろき酒店(三筑本店) ※月曜定休
   薬院stand!にも一部展示しています ※日曜・最終月曜定休

花より団子?

薬院stand!の入り口に存在感のある素敵な花。

薬院にある『花屋マウンテン』の繁森さんにお願いして、
センスのない僕の代わりに定期的に入れ替えて頂いています。

前回は写真に写っている『雪柳』という花で、
雪が降る季節に合わせて選んでくださいました。

今回は『木蓮』。
鮮やかに明るい浅緑色をしていて、
それが合掌したような形で中天に向って延びて行ってるような花です。

色気たっぷりの繁森さんさすがですね。

薬院stand!の角打ちで、四季を感じながらお酒を飲むのもたまらなく良いですよ。

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹
中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔
塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

松村美佐
松村美佐(Misa Matsumura)
雑餉のグレイス

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

寺田 裕亮()