BLOG

新米ワインスタッフ・しゅがー 「おうち飲みワイン」のすゝめ        第1回【 ”品種” 編】

こんにちは。
しゅがーです。

気温も少しづつ上がってきて、汗ばむ日も出てきましたね。
日差しは暖かいけど、風は涼しい。
まさに行楽日和!外飲み日和!と言いたいところですが、今はもう少し我慢。

そんなこんなでこの1年、家でお酒を飲む機会が増えた方も少なくないのでは。

5月の連休が始まるけれどおうちでの時間が増えそう…。

そんな方々に向けて、家飲みのワイン選びがほんのちょっと楽しくなるおはなしを、
入社して半年が経った新米ワインスタッフ・しゅがーがお届けしていきます!

第1回となる今回は、ワインをつくる原料となるブドウ、その「品種」について。

ワインの原料であるブドウ、その種類は実に多種多様。

よく聞く名前でもピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン…などなど。
とどろき酒店に眠っているワインたちもいろんな品種のブドウからできています。
(プライスカードの一番下に書いてある単語が品種の名前です!)

普段はもの静かだけどお酒が入ると陽気な人や、
仕事中はキリッとしているけど意外にお茶目なところがある人、
人にいろんな性格の人がいるように、
十人十色、という言葉はブドウにも当てはまります。

レモンやグレープフルーツみたいな柑橘系の特徴を持つ瑞々しいもの。
カシスのような暗い果実を思わせながら、ピリッとスパイシーさを感じさせるもの。
そうかと思えば、「これ本当にブドウなの?」と思うくらい、
ライチや白桃を思わせる、ちょっとセクシーな芳香を秘めたもの。

すぐに特徴がわかりやすく出てくるものもあれば、本領発揮するまでにしばらく時間がかかる、
いわゆる「眠れる獅子」みたいなものもあります。

ワインを選ぶときにお悩みの際は、あるブドウ品種に着目して選んでみるのも良いかも?

同じ品種だからこそ、似ている部分があったり。
同じ品種なのに、予想と違う味わいが出てきたり。

今回はそんなたくさんの品種の中でも、
「ソーヴィニヨン・ブラン」という品種にスポットライトを当てて、
おすすめのワインも混じえながらお話しします!

「ソーヴィニヨン・ブラン」ってどんなブドウ?

主にフランス ボルドー地方やロワール地方で栽培されている白ブドウ品種。
グレープフルーツなど柑橘、若草の清々しい香りが特徴の生き生きした表情を見せる品種です。
味わいも溌剌としていて、筋の通った印象の中にミネラルが感じられることもあります。

世界的にも非常に有名な品種で、日本でも栽培されているブドウの一つ。
個人的には、柑橘のニュアンスを感じさせながらも、
カチッとしたミネラルや旨味が感じられることもあり、
食事、特にカルパッチョやアクアパッツァなどの魚介系の洋食と相性が良いなと思う品種です。
これからの季節にもぴったりですね!

↓ワインの詳細・ご購入は、ワイン名をクリックしてください(すべて税込価格です)↓


フランツ・ソーモン ソーヴィニヨン・ブラン 2019白 2178円 
(フランツ・ソーモン / フランス ロワール)

2002年スタートですが今ではもう大御所の仲間入り?!
丁度脂の乗っている充分な経験を積んだ中堅醸造家です。
パイナップルなどの南国果実を思わせるトロピカルなアロマに塩味を含んでいます。
酸も穏やかで使い勝手の良い辛口白です。


ルドヴィック・シャンソン ガヴロッシュ2018白 2640円
(ルドヴィック・シャンソン/ フランス ロワール)

キリッと冷やして飲んだ口当たりは、
ソーヴィニヨン・ブランらしさを感じさせる柑橘系のニュアンスを感じる一方で、
最新ヴィンテージとなる2018年は、例年に比べ、気温が高かった影響か、
段々ハチミツや熟したリンゴなどのもったりとしたニュアンスを感じます。
開栓してからの変化も楽しいワインです。

小布施 ソーヴィニヨン オーディネール 2090円
(小布施ワイナリー /日本 長野)
※こちらの商品はオンラインストアでの販売はしておりません。

液体は色味をほとんど感じない透明な黄色。
しかしそんな淡白な外見とは異なり、香りはとても華やか!
2020年のヴィンテージは例年より葉摘みのタイミングを遅らせたそうで、その影響か、
柑橘系の香りというよりは白桃やハチミツなどの少しアダルトな雰囲気を感じる豊かな香り。
その一方で口当たりはとても滑らかで、芳醇な香りを感じながらもスイッスイ飲める白。

今回紹介した3本はいずれも同じ「ソーヴィニヨン・ブラン」でありながら、
感じるニュアンスや果実味は微妙に違うワイン!

お食事やシチュエーションに、
チョイスしたワインがガッチリと合ったときの喜びはもう〜〜〜〜〜(悶絶)、
それは言葉にできないほどの喜びです!

今は人が集まっての飲み会が難しい時期ではありますが、
バーベキューやピクニックなど、
ただでさえ気分が上がるイベントに、ムードに合いそうなワインを持ってきて、
「これ美味しいね!」なんて言ってもらえた日にはもう、
充実度が上がること間違いなし!
(僕自身そんな日が1日でも早く来ることを待っております…。)

特にとどろき酒店に眠っているワインたちは、
ブドウや栽培された土地の特徴が色濃く出たワインばかり!
品種に絞って探してみると、
「なんだこりゃ?」と思うくらい珍しい品種のブドウを使ったワインが見つかることもしばしば。
お宝探しの感覚でじっくり探してみてください!

今日ご紹介した以外のワインでも、
皆さまが「こんなお酒あれば良いな」と思うお酒があれば、気軽にご相談くださいね!

ではでは、次回またお会いしましょう〜♪

カズーが選ぶ La Vie En Roseなワイン 2021春

Roseはフランス語で『バラ』の意味。
グラスに注がれた『バラ』は
うっとりするようなピンク色。
眺めているだけで、
お花見に行ってるような気分になれてしまいます。
春から夏にかけて大活躍間違いなし!な
個性豊かなロゼたちを集めてみました。

↓ワインの詳細・ご購入は、ワイン名をクリックしてください(すべて税込価格です)↓


旨味系ロゼ
ロゼ☆ティミオプロス マケドニア・ロゼ・ド・クシノマヴロ ロゼ2019 2310円
イチゴ風味の飴や薔薇の香り。
甘味も感じるが、酸がきれいにあるので
スッキリと感じます。
<産地>ギリシャ
<品種>クシノマヴロ


フランス3大ロゼ
ロゼ☆サンソニエール ロゼ・ダン・ジュール2020 3960円
この畑のグロロー・グリには毎年貴腐がつき、
大変香り高く美しいロゼが造られます。
軽やかで上品な甘さ。
<産地>フランス ロワール
<品種>グロロー、グリ


食事にやさしく寄り添うのです
ロゼ☆ココ・ファーム・ワイナリー こことあるシリーズ ぴのろぜ2019 3110円
ドライで爽やかななロゼ!さくらんぼ、
アセロラ、フランボワーズの香りに、
土っぽいスパイシーさもあります!
<産地>日本・栃木
<品種>ピノノワール


飲みすぎ注意!
ロゼ☆リヴァトン ポワル・ダン・ラ・マンドメーヌ•ロゼ 2178円
スモモ、アプリコット、オレンジピール、
ハーブの香り。滑らかな質感に丸みのある
果実味、旨味が酸味にのって広がりスルスルと。
<産地>フランス・ルーション 
<品種>カリニャン


しゅわしゅわ&チャーミング
ロゼ☆ドメーヌ ナカジマ ペティアン・ナチュール・ロゼ2020 2035円
野いちごのフルーティな香り!
キリッとキレがいい中に、赤系
果実の骨格をしっかり感じられます!
<産地>日本・長野
<品種>巨峰
*ドメーヌ・ナカジマのワインは店頭での販売のみです

ゴールデンウィークの店舗営業について

GWのお休みを尋ねられる季節になりました。
三筑本店と薬院stand!の、4・5月の営業カレンダーです。

【とどろき酒店 三筑本店(1枚目)】
●4月.
火〜金曜 11:00 〜19:00
土日・祝 10:00 〜18:00
定休日  月曜日

●5月
GW中の3日(月)は10:00〜18:00で営業します

【とどろき酒店 薬院stand!(2枚目)】
●4月
お酒販売 12:00 〜21:00
角打ち  16:00 〜21:00
定休日  日曜・最終月曜

●5月
GW中3日(月)〜8日(土)は休まず営業します.
翌週の9日(日)〜14日(金)は代休いただきます

春のオノマトペ

雨がしとしと…雲がふわふわ…桜の花びらがひらひら…。

日本には沢山のオノマトペがありますが、僕は濁点のないオノマトペが柔らかくて好きです。
幼く感じるけど棘がなくて心地良い。
意外と伝わりやすかったりしますしね。

今日おすすめするはきゅんきゅんスルスルなロゼ。

花見にいけるのなら一本持っていきたいワインです。

フランス、ロワール地方の造り手フランツソーモンが作るロゼ。

苺キャンディーの香り、開けたてはほんのりしたガス感があり、瑞々しくてフルーティー。
シャープな酸というよりは丸い酸に包まれ、たっぷりのミネラルと若干の苦みが今の季節にぴったりです。

冷やせるなら少し冷やした方が美味しそう。
春になると白黒つけないふわっとしたロゼが飲みたくなります。


ロゼ
⭐︎フランツ・ソーモン ヴァン・ド・フランツロゼ 2018
フランツ・ソーモン/ フランス・ロワール.
2280円(税別)

塚ちゃんが選ぶ 春🌸にのむべき Soif(ソワフ)なワイン

Soif(ソワフ)=渇き。

喉の渇きを潤すような、肩ひじはらずに飲めるワインのことを
“ヴァン・ド・ソワフ”と呼んだりします。

暖かくなると、食事も気分も軽やかに。
自然と飲むワインも気軽なものに。
今回はそんなゴクゴク飲めるワインたちを集めてみました!

↓ワインの詳細・ご購入は、ワイン名をクリックしてください(すべて税別価格です)↓


いつ飲んでも春に行けます
フレッシュなクランベリーやラズベリーが軽やか。
キレイなロゼ色も素敵です。

ロゼ☆フランツ・ソーモン ヴァン・ド・フランツ ロゼ 2018 2280円
<産地>フランス ロワール
<品種>ガメイ、グロロー


Juicy & Smoothe
迷ったらガレ。
ノドが渇いたらガレ。
とりあえずガレ。

赤☆エステザルグ キュヴェ・デ・ガレ 1380円
<産地>フランス ローヌ
<品種>グルナッシュ、カリニャン、シラー


ミネラルの詰まった個性派
塩を振った柑橘のような飲み心地。
火を入れたお野菜と一緒に
グビグビどうぞ!

赤☆ジャン・マルク・ドレイヤー オーセリス 2018 2780円
<産地>フランス・アルザス
<品種>オーセロワ


名前で選びました!
完熟の旨味がスルスルっと入ってきます。
大地の温かみを感じます。

赤☆マキシム・フランソワ・ローラン イル・フェ・ソワフ 2018 2280円
<産地>フランス ローヌ 
<品種>グルナッシュ、シラー


たまには甘口ワインもいかが?
お昼にぽかぽか陽気を浴びながら飲む甘口ワインって
なんだかお洒落。

甘口☆シャトー・プラド モワルー 2018 2280円
<産地>フランス ボルドー
<品種>セミヨン