BLOG

暑〜い今でも、ちょっと涼しくなった1ヶ月後でも。付き合いの良い白ワイン by しゅがー

もう8月も終わったんですね…。
近所の小学生たちは8月31日を待たずして学校に通い始めてるみたい。
「夏らしさ」みたいなものが殆ど感じられないまま、このまま寒くなっていくのかなー。
そんなことを思いつつ、フジファブリック「若者のすべて」を聴いて、
せめて夏の終わりのノスタルジーを高めていく24歳の夏。しゅがーです。

今年は自社ワイナリー、studio gogo winery の稼働初年度ということで、
僕も時折お手伝いに行っているのですが、福岡のブドウは今が収穫真っ盛り!
ブドウのコンディションと天気予報をにらめっこしながら、ドタバタと収穫や仕込みを行ってます!

僕自身もとどろきに入社してから初の本格的な仕込みを体験中。
緊張感と疲労感、そして喉の渇きがいつにも増してスゴい!

そんなときの「デュポンファン」の白、ウマいっす…。
サラサラ〜っと飲めるというよりもしっかり味があるタイプ。
一杯目にビールをキュっとやってから、
こういう味のあるワインを飲むと疲れた体にぐーッと沁みこんできますね。

白桃や花梨など、丸みのある甘さ、華やかさがお好みの方は「ショーム・ド・ペリエール」。
「アリゴテ」の、柑橘系の爽やかな口当たりからクリーミーなコクの伸びも素晴らしい!
(僕はアリゴテ推しです♡)

どちらも味わいは違うけれど、伸びやかな酸と潔い後味のキレは共通していて、
高級感はありつつもしつこくないのが家飲みにも贈り物にも良い感じ!

今飲んでも美味しいし、涼しくなってきたら、
こういうしっかりした味わいのあるワインはますます美味しくなりますね…。
.
白ワイン.
ブルゴーニュ アリゴテ 2019.
レイモン・デュポンファン / フランス ブルゴーニュ.
750ml3,740円(税込)

暑い季節には。by あいりーん

暑い。暑い。
暑い季節には無性にカレーが食べたい‼︎
売り場にこんな本があったら尚更食べたい。

よし、カレーにしよう。
そうなるとしゅわっとしたい。
なんなら作りながら飲みたい。

よし、「ちんぐ夏」でソーダ割りにしよう。

しっかり冷やして氷を浮かべても良し。

焼酎ビギナーさんにもぴったり。
バーベキューや焼肉にも最適‼︎

麦焼酎
☆ちんぐ夏上々
重家酒造 / 長崎 壱岐
1.8L 2075円m(税込)
720ml 1100円(税込)

ONLINE SHOPはこちら

ワイングラスが似合うとげな by とどろき

しっかり冷やしてワイングラスでキューっと。
そんな飲み方が似合う、フルーティで軽やかな口あたり。

「若波 純米吟醸」
はバナナ、メロンのような甘やかな香りがありつつ、すっと切れるバランス。

「Miinokotobuki(三井の寿) ワイン酵母で造った純米吟醸」
は、その名の通りワイン酵母で醸したチャレンジングな日本酒。

どちらも吟醸香とほんのり白ワインのような香りが合わさって、
グラスで飲むと「ん、日本酒? ワイン?」となってしまうお酒です。

日本酒初心者さんにもよろこばれる2本です♡

ワイングラスが似合うとげなセット 3080円
☆ 若波 純米吟醸 720ml
純米とはまた味わいが違い、スッキリとシャープな仕上がり。

☆Miinokotobuki(三井の寿)ワイン酵母で造った純米吟醸 720ml
品の良いキレのある酸がGOOD!!上等な純米大吟醸を飲んでいるかのようです。

春のオノマトペ by カズー

雨がしとしと…雲がふわふわ…桜の花びらがひらひら…。

日本には沢山のオノマトペがありますが、僕は濁点のないオノマトペが柔らかくて好きです。
幼く感じるけど棘がなくて心地良い。
意外と伝わりやすかったりしますしね。

今日おすすめするはきゅんきゅんスルスルなロゼ。

花見にいけるのなら一本持っていきたいワインです。

フランス、ロワール地方の造り手フランツソーモンが作るロゼ。

苺キャンディーの香り、開けたてはほんのりしたガス感があり、瑞々しくてフルーティー。
シャープな酸というよりは丸い酸に包まれ、たっぷりのミネラルと若干の苦みが今の季節にぴったりです。

冷やせるなら少し冷やした方が美味しそう。
春になると白黒つけないふわっとしたロゼが飲みたくなります。


ロゼ
⭐︎フランツ・ソーモン ヴァン・ド・フランツロゼ 2018
フランツ・ソーモン/ フランス・ロワール.
2280円(税別)