BLOG

GW三筑本店&薬院stand! 店舗営業日

とどろき酒店(三筑本店)
店休日の月曜日以外は営業します!
(日曜祝日は18時閉店となりますので、ご注意ください!)

薬院stand!
4/30から5/6までノンストップ営業!
しかも、5/3・4・5の3日間は【昼から角打ち!】で角打ちが14:00からオープンしておりますので、
明るいうちから一杯どうぞ〜

行ってきました、九平次の蔵へ!

行ってきました、九平次の蔵へ!

今年、「醸し人九平次(かもしびとくへいじ)」(萬乗酒造)が約7年ぶりの生酒をリリースするという案内が届き、これは面白いことになっているんじゃないかと、とどろき酒店スタッフ一同で蔵元へ訪ねてきました。

愛知県は名古屋市大高町。都心部から電車で5駅ほどの大高駅へ到着。萬乗酒造は駅から徒歩10分ほどの距離。途中住宅街を通り、小さな橋を渡るとだんだん見えてくる煙突屋根。昔ながらの黒塗りの建物が酒蔵独特の雰囲気を漂わせます。一方で酒蔵の横に無数の冷蔵コンテナ。なんだろうと思いながら門をくぐると、エネルギッシュな挨拶と共に十四代目「久野 九平次(くの くへいじ)」氏が登場! あまりの熱に一同面喰いタジタジ。その流れのまま、なされるがままに蔵内へ案内していただきました。

一緒に案内していただいたのは九平次氏の右腕と称される中川さん。日本酒造りの行程を順序良く案内して頂きました。まずは洗米場、メトロノームを使いながらサッサッサッと一定のリズムで洗米していきます。驚いたのは、最新の洗米機は使わず竹網のザルで手作業で洗っていたこと! 勝手なイメージから最新設備で造られるだと思っていましたが、いやいや特別な装置は殆ど無く丁寧に手作業にこだわり醸されていました。「洗米機や鉄アミよりも、竹網ザルの方が保湿しながら洗えるし、柔軟性もあるからお米が割れにくいんです」と中川さん。

続きを読む

SAKE SEVEN VOL.1  3/31開催

どもども、あべなりです。

近々ですが、イベントの案内です!

久留米にあるお店 「あべこべ」さん で

福岡、佐賀の5つの蔵に集合してもらい
ずらりと並べること30種の日本酒❗️

そこに僕もこっそり
持っていく日本酒・・・プラスα❗️❗️

そんな30種以上のお酒を飲みつくしてしまおうというイベントです。

勿論そこには あべこべさん のお料理もずらりと用意され・・・
食べ・呑み放題の素敵なイベントです❗️

当日のお酒は、
定番酒、季節のお酒、そしてこの日だけのマル秘酒まで様々。

ちょっとずつであれば、コンプリートも夢じゃない!!

天気が良ければ「花見」の絶好の日になりそうですが、

華やかなお酒の【華味】を楽しみにご参加されてみませんか(^^)

チケットの販売も16日から店頭で始めます。

福岡の方はちょっと距離がありますが、かなり楽しいイベントになること必至!!

お時間のある方、当日一緒に遊びましょー!

SAKE SEVEN VOL.1

2019年3月31日(日)
13:00 ~ 16:00

場所 : あべこべ
久留米市本町12-14
☎0942-65-8535

チケット問い合わせ先
●あべこべ
 ☎0942-65-8535(担当 安部)

●とどろき酒店
 ☎092-571-6304(担当 安陪)

参加蔵元
・庭のうぐいす(福岡)
・杜の蔵(福岡)
・山の壽(福岡)
・天山、七田(佐賀)
・天吹(佐賀)

3/22金・23土は、コップの会スピンオフ

昨日はコップの会にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!
いつもと違う会場でスタッフ一同ドキドキでしたが、みなさまにこやかな笑顔で帰られていてほっとしました!

そしてそして、“日本ワイン生産者月間“ともいうべき3月はまだまだ続きます〜

今週3/22金・23土には薬院stand!でドメーヌ・モン(北海道)山中さんとYellow Magic Winery(山形)岩谷さんを迎え、after満月ワインバーを開催します(満月は21水)!

22金は、ドメーヌ・モンのワインと共に山中さんが注目する北海道の生産者のワインも並びます。
23土は、YMWのワインと岩谷さんのヒトミワイナリー時代のワインなども。

両日ともに、今回のためにNIIHARAの新原さんが練りに練ってくれた渾身のおつまみが登場します。新原さんといえばお野菜を使ったランチを想像される方も多いと思いますが、ご本人はしっかりお酒好き。笑

今回は、
<22&23 共通MENU>
○ 春のおつまみプレート
人参とクミンのテリーヌと柑橘のマリネ・新ごぼうの春巻・野菜(22パクチーオイル、23ふきのとうみそ)

<22 北海道MENU>
○春キャベツと桜海老のコロッケ
○桜おむすび
○山芋とハーブの巾着
○グリル野菜の豆乳チーズ和え

<23 山形MENU>
○赤ワインおでん
○いぶりがっこのポテサラ
○酒かすと春野菜の白和え

※写真は試作のものですので、当日はサイズやサービスの仕方は変わります
※野菜の仕入れ状況により変更になる場合があります
※数に限りがありますので、なくなり次第終了です

予約要らずですので、1杯からでもふらりとお越しください〜

“コップの会スピンオフ企画!”
after 満月ワインバー
feat.  ドメーヌ・モン(北海道)
          Yellow Magic Winery(山形)

◆feat.  ドメーヌ・モン
3/22金 18:00-22:00 
ドメーヌ・モン(北海道)山中敦夫が来場! 
自社のワインのほか、注目の北海道の生産者のワインも並びます。

★3/22金お昼は【飲食店様限定Yellow Magic Winery試飲会】1部13:30~/2部15:00~。醸造家岩谷さんの話しを聞きながら試飲をしていただきます。●各部10名様限定●参加費500円※要事前予約

◆Fea.Yellow Magic Winery
3/23土 17:00-21:00
Yellow Magic Winery(山形)岩谷澄人が来場! 
ヒトミワイナリー時代のワインや山形のワインも登場します。 

◆場所とどろき酒店 薬院stand!

◆ワイン1杯~
◆NIIHARAおつまみ 300円~

※予約不要・立ち飲み・キャッシュオンスタイルです。

◆生産者プロフィール

ドメーヌ・モン
山中敦生
茨城県古河市の出身ですが、在学中にスノーボードの魅力に取りつかれ、インストラクターとして北海道に。そしてワインの中に自然への敬意と感謝、哲学を感じさせるドメーヌタカヒコの門を叩きました。曽我さんに栽培醸造を教わり、まだまだ未熟ながらも2016年春から独立。「農家として自然と共存しながらワイン葡萄栽培をしていきたいと考えています。」

Yellow Magic Winery
岩谷澄人
ヒトミワイナリーやフジマル醸造所の醸造家として活躍された岩谷澄人さんが⼭形県南陽市に立ち上げたワイナリー。
「⻑年作り続けてきた”デラウエア微発砲⾟⼝ワイン”は ここYellow Magic Wineryにて更に進化させていきたい」とのこと。

3/22金 & 23土 コップの会スピンオフ企画開催!

コップの会は完売しましたが、翌週の3/22金・23土には薬院stand!で
ドメーヌ・モン(北海道)山中さんとYellow Magic Winery(山形)岩谷さんを迎え、
after満月ワインバーを開催します!

写真は、両日とものおつまみを作ってくれるNIIHARAさんでの打合せの様子。

「北海道のワインにはハーブやヨーグルトなどさわやかな料理が合いそう」
「山形の土着品種を使ったワインには、味噌や醤油など和の食材も合うかも」…などなど
ワインと食材と向き合いながらあれやこれや。

ワインとの相性を試行錯誤した春の野菜を使ったおつまみは必食です。
(※当日のワインは、写真のワインと異なる場合がありますのでご了承ください)

“コップの会スピンオフ企画!”
after 満月ワインバー
feat. ドメーヌ・モン(北海道)
Yellow Magic Winery(山形)

◆Feat. ドメーヌ・モン
3/22金 18:00-22:00

ドメーヌ・モン(北海道)山中敦生氏が来場!
自社のワインのほか、注目の北海道の生産者のワインも並びます。

★3/22金お昼は【飲食店様限定Yellow Magic Winery試飲会】
1部13:30~/2部15:00~
醸造家岩谷氏の話しを聞きながら試飲をしていただきます
●各部10名様限定●参加費500円※要事前予約

◆Feat.Yellow Magic Winery
3/23土 17:00-21:00

Yellow Magic Winery(山形)岩谷澄人氏が来場!
ヒトミワイナリー時代のワインや山形のワインも登場します。

◆場所とどろき酒店 薬院stand!

◆ワイン1杯〜
◆NIIHARAおつまみ 300円〜
(22日と23日ではそれぞれのワインに合うその日限りのスペシャルおつまみもあります)

※予約不要・立ち飲み・キャッシュオンスタイルです。

◆生産者プロフィール

ドメーヌ・モン
山中敦生
茨城県古河市の出身ですが、在学中にスノーボードの魅力に取りつかれ、インストラクターとして北海道に。そしてワインの中に自然への敬意と感謝、哲学を感じさせるドメーヌタカヒコの門を叩きました。曽我さんに栽培醸造を教わり、まだまだ未熟ながらも2016年春から独立。「農家として自然と共存しながらワイン葡萄栽培をしていきたいと考えています。」

Yellow Magic Winery
岩谷澄人
ヒトミワイナリーやフジマル醸造所の醸造家として活躍された岩谷澄人さんが⼭形県南陽市に立ち上げたワイナリー。
「⻑年作り続けてきた”デラウエア微発砲⾟⼝ワイン”は ここYellow Magic Wineryにて更に進化させていきたい」とのこと。

コップの会 生産者紹介⑥ タケダワイナリー 岸平和寛さん

生産者紹介⑥
ラストは親分、岸平和寛さん。
山形のタケダワイナリー。

1920年開園以来、「良いワインは良いぶどうから」をモットーに、土づくりから始めたぶどう栽培、ワイン醸造を続けられています。
ヨーロッパ系の高級品種を垣根仕立てで栽培し、ソムリエからも高評価。
そんな非日常を味わえるワインから、素朴で素直に飲みやすいワインまで、ラインナップは様々。日常の家庭料理にはもちろんのこと、ちょっとお洒落な食事にも幅広く楽しめます。

……………………………
ワインで感じる日本!
第7回コップの会in博多

“ワイングラスの
脚がとれたらコップになった
コップで飲んだら気楽になった
気楽になったら
ワインが毎日おいしくなった
日本のワインがおいしくなった”

もっと身近に、もっと気軽に日本ワインを楽しもうとはじまった「コップの会」7回目となる今年の博多の会、参加ワイナリーはこの6人です。それぞれの土地、それぞれの気候、それぞれの哲学から生み出される色とりどりのワイン。

日本はせまい?! いや、豊か!
日本は窮屈?!いや、自由!
日本の豊かで自由なワインたちに会いにきてください、まずは感じてください!

◆参加ワイナリー

東北の親分
タケダワイナリー(山形)
岸平和寛

どんどんナチュラルになってる!
酒井ワイナリー(山形)
酒井一平

日本ワインの発展はココなしにはありえない!
ココ・ファーム・ワイナリー(栃木)
石井秀樹

長野に現れた鬼才
ドメーヌ ナカジマ(長野)
中島豊

バラエティに富んだ自由なワイン
ヒトミワイナリー(滋賀)
佐藤湖衣
.
九州代表
都農ワイン(宮崎)
福嶋進吾

◆日時 2019年3月17日日曜日
1部 12:00~14:00✳完売
2部 16:00~18:00✳完売
※スタンディング形式です

◆会場 博多水炊き専門 橙
福岡市中央区大手門1-8-14
>アクセス
◎地下鉄一号線「大濠公園駅」より徒歩3分
◎西鉄バス「大手門三丁目」「大手門・平和台陸上競技場入口」より徒歩2分
.
◆チケット 5800円
・6ワイナリー十数種類のワイン
・モン・アン・エスニック & 餃子のラスベガスのスペシャルおつまみ
・ワインがおいしく飲めるコップ & コップホルダー

◆LIVE
とんちピクルス
zerokichi
ウクレレライブあります♪

※前売りチケットのみ
※定員になり次第締めきらせていただきます
※チケットの払い戻しはできかねますので予めご了承ください

主催/チケットのお申し込み & お問合せは
とどろき酒店 tel 092-571-6304

花粉症で鼻づまりのどが痛いときは…(個人調べです)

こんにちは
冬の寒さも落ち着き

目のカユカユと鼻のズルズルで春の近づきを感じておりますノブです。

たまりませんねこの花粉症というのは。鼻づまり&口呼吸でのどまで痛くなってきました。

皆さんも悩んでいらっしゃいませんか?

そんな方に鼻にも喉にも優しいHOTでおいしいドリンクご紹介しちゃいます。

まずご用意していただきたいのが、

まるごとゆず梅酒(山口酒造場/福岡)

鶯のラベルが可愛い庭のうぐいすで知られる山口酒造場が送る新商品!!

同蔵のヒット商品うぐいすとまり 鶯とろをベースにゆずのピューレがふんだんに使用されており、
鶯とろの濃醇な味わいそのままにゆずの香りさわやかな梅酒に仕上がっております。

このまるごとゆず梅酒を大さじ1杯カップに注ぎお湯を注ぎます。
このままでもスッキリとしておいしいのですが、
さらにはちみつをティースプーン1杯ほど溶かします。
たったこれだけ!
おいしいHOTドリンクの完成です。

早速飲んでみましょう。
あ~ホッとする・・・
湯気に柚子のさわやかな香りが漂い鼻の通りをよくしてくれます。
梅の酸味とコク、蜂蜜の甘さが相性バツグン!
だんだんとのどの痛みが和らいできた気がします(※ あくまでも個人調べですが…笑)。

のんべえにはなんとも理に適うドリンクじゃあないですか!!

皆さんも一度お試しあれ!!

今回ご紹介した商品
まるごとゆず梅酒【山口酒造場・福岡】3,400円/1.8L 1,700円/720ml(税別)
となっております。

轟木と自然派ワインが出会った〜 

不定期開催のスタッフ勉強会の今回のテーマは、
とどろき酒店の基本の基
「自然派ワインとは?」 でした。


代表的なワインを試飲。染み入る〜


またまた全員真剣な眼差し

そもそもとどろき酒店がどうして自然派を扱うことになったのか?
轟木と自然派ワインとの運命の出会いについての話しなどは、
新しいスタッフは初めて聞く話だったと思います。


轟木運命のワイン、ローヌ地方のダール・エ・リボ

今となっては広く知られるようになった自然派ワインですが、
とどろきが扱い始めたのは、今から約20年前にさかのぼります。
当時は「にごっているワインなんて」「ガス感あるなんて」と全く売れなかったそう。
そんな苦楽を共にして長いおつきあいになるワイン。
今となってはとどろき酒店のあり方の幹となるお酒になっています。

第7回 コップの会 in 博多 3/17日開催 予約受付スタート!


春の恒例行事となりつつある「コップの会」、今年も開催が決定しました!
今年も6人の日本ワインの生産者が参加します。
ぜひ日本の豊かで自由なワインに会いにきてください、
まずは感じてください!

ワインで感じる日本!
第7回コップの会 in博多
予約受付スタート!
(チケットのお渡しは2/19以降です)

“ワイングラスの
脚がとれたらコップになった
コップで飲んだら気楽になった
気楽になったら
ワインが毎日おいしくなった
日本のワインがおいしくなった”

もっと身近に、もっと気軽に日本ワインを楽しもうとはじまった「コップの会」
7回目となる今年の博多の会、参加ワイナリーはこの6人です。
それぞれの土地、それぞれの気候、それぞれの哲学から生み出される色とりどりのワイン。
日本はせまい?! いや、豊か!
日本は窮屈?!いや、自由!
日本の豊かで自由なワインたちに会いにきてください、
まずは感じてください!

東北の親分
タケダワイナリー(山形)
岸平和寛

どんどんナチュラルになってる!
酒井ワイナリー(山形)
酒井一平

続きを読む

3月17日(日)はコップの会です!

今年も日本ワインを造り手と一緒に楽しむコップの会開催!
3月17日(日)です。

参加ワイナリー決定しました!

東北の親分!「タケダワイナリー」

どんどんナチュラルになっている「酒井ワイナリー」

日本ワインの発展はココなしにはありえなかった「ココファーム」

長野に現れた鬼才「ドメーヌ・ナカジマ」.

バラエティーに富んだ自由なワイン「ヒトミワイナリー」.

九州代表「都農ワイン」.

の6つ。

どうです?
なかなか飲みごたえのあるメンバーでしょう?

もうちょっとでご案内できると思います。
少々お待ちください~。

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹
中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔
塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

寺田 裕亮
寺田 裕亮()