BLOG

花より団子?

薬院stand!の入り口に存在感のある素敵な花。

薬院にある『花屋マウンテン』の繁森さんにお願いして、
センスのない僕の代わりに定期的に入れ替えて頂いています。

前回は写真に写っている『雪柳』という花で、
雪が降る季節に合わせて選んでくださいました。

今回は『木蓮』。
鮮やかに明るい浅緑色をしていて、
それが合掌したような形で中天に向って延びて行ってるような花です。

色気たっぷりの繁森さんさすがですね。

薬院stand!の角打ちで、四季を感じながらお酒を飲むのもたまらなく良いですよ。

来週は…♡

いよいよ、14日はバレンタイン。

チョコ大好きな私には、たまりません(笑)

先日、ブログ用に久し振りにチョコを作ってみました。
これは、すでに食べてしましましたが……

毎日、チョコに混ぜる日本酒を迷い中です……頭の中はチョコだらけです。

チョコ&日本酒
チョコ&焼酎
チョコ&ワイン

意外だと思われがちですが合うんです!

14日のバレンタインは、
日頃の感謝を込めて椿ちゃんの手作りチョコと一緒に薬院stand!でお待ちしております。

想いよ、届け~♡

川口武亮窯・今里酒造巡り

こんにちは、モーリーです!

先日、佐賀県有田市にある川口武亮さんの窯元と長崎県波佐見町にある「六十餘洲」を醸している今里酒造さんへ見学に行ってきました!

佐賀県は有田市に窯を構える川口武亮窯。全国的に知られる有田焼きのお膝元で個性溢れる作品を作られてます。雪がちらほら舞う極寒の日でしたが、工房内も殆ど外気と変わらないくらい寒かったです。工房には焼き窯が4機あり、木材を焼いたり灯油を使ったり電気だったりと巧みに使い分けてます。木材を焼いて灰が被ると予想出来ない良い器が出来るそう。

素朴でモノトーンな工房に並べられた作品はどれも個性に溢れ、粉引のやんわりした器達は手に取るとじっくり馴染んでいくような感覚になります。日常使いしたくなる作品ばかりでした!

川口武亮さんの器はこちら
またいろんな器を仕入れてきたので、近日新しい作品をアップしますね!

最近買ったうれしいもの

リョータは旅をする
ヴィニュロンからヴィニュロンへ

リョータは彫る
ワインの樽を
蔵の扉を
バーの看板を

リョータは彫る
ワインを
ブドウを
風土を
人びとを

とどろき酒店の準スタッフでもある山下亮太。
ワイン造りやブドウ栽培のお手伝いをしながら、
樽や蔵にロゴを彫る依頼を受けながら、
フランスやオーストラリアのワインの造り手を渡り歩いています。

最近買ったうれしいものは
亮太が彫った木製の小さな(小指大の)ワインボトル。
なんの用途もないのだけれど
なんの用途もないところが好きです。
(とどろき酒店でも近々取り扱い予定です)


先月末、COFFEE COUNTYさんで個展を開いていました。
(会期後のお知らせになってすみません!)
左からCOFFEE COUNTYオーナー森崇顕さん、山下亮太、轟木渡。

お酒の会。。。近々の紹介。

どもども、あべなりです。

近々で開催予定の「日本酒のイベント」を2つ紹介します。

まずは、
ANAクラウンプラザ福岡・日本料理 筑紫野
で行われる

「 美酒と彩食 筑紫野酒の会」

です。

地元・福岡の蔵を招いて、新酒含め5~6種類のお酒に合わせ
藤木料理長が独自目線でのマリアージュ。

・1月27日(土) 杜の蔵
・2月24日(土) 若波酒造
・3月24日(土) 若竹屋酒造場

と3カ月連続の企画イベントで、
私もサポートで参加させていただきます。

年末に杜の蔵の友山さんと打ち合わせに伺ったのですが、
いくつか試飲をして頂くと、その場で料理長が
「こんなのどうだろう?」
と厨房から色んなお料理・食材を持ってきて
早速テーブルの上でマリアージュ開始。
料理長自身がお酒がお好きということもあり、
色々とアイデアが浮かんでくるそうで・・・。

あれから時間が経ち、次の日曜日は開催日!
まずは「杜の蔵」から。

杜の蔵のお酒に見合ったどんなお料理を用意しているのか楽しみです!

・開催日 : 2018年1月27日(土)
受付:17時30分 開演:18時

・料金 : 10,000円(1名様:特別懐石料理、お酒6種)
*表示価格は サービス料込、税別

・開催場所 : ANAクラウンプラザ福岡 15階 日本料理 筑紫野

・申し込み先 : 日本料理 筑紫野 TEL 092-472-7752

先のイベント含めて申し込み可能です。

ホテルの和食と聞くと敷居が高そうと感じがちですが、
意外と行ってみると楽しいですよ。
この機会に足を運んでみては・・・。

もうひとつ。

Continue reading

どぶろく遠野物語2

間があいてしまいましたが、前回少し書いたお酢の話を。

+++++++

どぶろくの蔵に行った時のこと。造り手の佐々木要太郎さんはもともと
お父さんの代から続く民宿もされていますが、その隣で料理屋も営んでいます。

料理屋は凛とした佇まい、厳選されたインテリア、素敵なアレンジのドライフラワーで
飾られた洗練された空間。随所に佐々木さんのセンスを感じることができます。

そこで佐々木さんは料理人としての目線で、自分の料理に合う調味料として
どぶろくを使った「お酢」も造ってしまいました。

Continue reading

映画で乾杯!

こんにちは!とどろき酒店では一番の新人。塚本です!

以前はTSUTAYAで働いておりましたので、それを活かして「映画とお酒のマリアージュ」というものを提案させていただきますよ!

今回ご紹介するのはフィリップ・ル・ゲイ監督のフランス映画「屋根裏部屋のマリアたち」でございます。

Continue reading

福岡の車窓から

はじめまして。
入社2年目のとおるです。
私は、主に飲食店様へお酒の配達をしております。
(飲食店様へ: 一升瓶3本より配達しております。)
南は、大野城から西鉄沿線、天神、西新、六本松エリアなどを担当しております。

さて、本日は、とおるの配達先シリーズ第1段!

春日市の西鉄春日原駅そばにある、「旨いもん屋 根っこ」さんをご紹介します。

干支ラベルの日高見純米初しぼり🐶を持った写真は、大将の前田さん。
伊万里出身の大将は、東海地方で修行され、10年以上もこの春日で店を営んでらっしゃいます。新鮮なお魚料理や伊万里牛など、大将厳選の日本酒や焼酎を多数お取り扱ってらっしゃいます。
お近くにいらした方は是非お越し下さいね。

第2段へつづく..

No music No sake No life

あけましておめでとうございます!
正月はゆっくり家族と過ごせましたか?
今年もどんなお酒に出会えるのか……楽しみですねー!

お酒といえば、美味しいおつまみがあれば最高ですよねー。

僕の最高のおつまみは音楽です。

stand!ではレコードでjazzを流してますが、これがお酒に合うんです。

一本お酒を買って家でゆっくり好きな音楽をかけて、それをおつまみにして愉しむのもたまらないですよー!

さようなら2017年・・

2017年もお世話になりました!

今年は日本酒だと「花の香 海花 純米大吟醸」の鮮烈な香りと酸、
日々アップデートしてくる「加茂錦」のすべて(田中ゆうちゃん、あなたすげーよ)。

ワインだと2015も良かったけど2016はそれを上回る”癒し”をいただき、
今年一番飲んだワインになった「ティベリ ルウ・ビアンコ2016」が特に印象に残っています。

みなさまの2017年はどんな年だったでしょうか?

酒は人。
今年も全国で独自の醸造哲学で真摯に酒造り、農業に取り組む造り手にたくさん出会いました。
お米の栽培、ブドウ栽培はますますキーワードとなっていくでしょう。
来年はどんな造り手が僕らを楽しませてくれるのでしょうか。

2018年も皆様と自由なワイン、自由な日本酒、自由な焼酎にとって良い年でありますように。

とどろき酒店
轟木 渡

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

松村美佐(Misa Matsumura)
雑餉のグレイス

view more

西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと