BLOG

王子の日々是漫画日和 No.1

こんにちは、薬院Stand!にて王子と呼ばれております寺田です。

スタッフブログを任されるようになったので面白い題材を何にしようか迷いに迷って、趣味の一つである漫画を取り上げて行こうと思っています。
(本当は店長の日記でも付けようと思ったのですが却下されたので)

僕は漫画に知識を求める傾向があり、単なるバトルマンガなどではなく知らないことを教えてくれる教科書のように楽しんでいます。
思えば昔から「漫画で覚える歴史」や「漫画で覚える物理」など学校の勉強でさえ漫画になってるとするすると頭の中に入って覚える能力が格段に上がっていき、更にそのシーンをすぐ思い出せました。

そんな記念すべき第1回の作品は
「ギャラリーフェイク」
です。

贋作・レプリカ専門のアートギャラリー『ギャラリーフェイク』のオーナー藤田玲司が色んなことをする漫画なのですが、美術品が絵画だけでなく骨董品やお皿、茶碗、銅像、音楽、様々な芸術品があり幅広い知識が身につきます。

数話跨る話もありますがほとんどが一話完結、どこから読んでも楽しめ、美術品とストーリーの結びつきも秀逸な素晴らしい漫画です。

僕はパティシエというのもありあらゆる方面から美しいものへの知識や歴史や背景を知りたいと思っていて美術館などにも足を運びますがまだまだ作者などは点でしか覚えておらず、その作者たちの誰と誰が繋がっていて、誰が師匠で、どういう歴史背景でこのような絵や形になった、というところまではなかなか覚えれないのですが「ギャラリーフェイク」ではそういう部分も取り上げてくれるものもあり、なるほど!と声を上げるくらい楽しく読めます。

皆様のお気に入りに加えられますように。

とにかく観てみてほしい✨


山形正宗の水戸部酒造がミュージックビデオを作ってるってご存知ですか?
山形正宗のお酒の裏にあるQRコードから飛べます
『yeast and mold 正宗』とかで検索すると出てきます

あたしゃ震えました〜興奮しました〜
生のLiveを見て観たい!と蔵元にメールしたほど
お酒も好きだけど音楽も好き
お酒を飲んでると最後には音楽が聴きたくなる
私にとっては切っても切れない関係なんです
(なので先日のsake a gogoは個人的にツボ)

いい酒に出会った時に興奮するのと同じようにいい音楽に出会うとたまら〜んてなります
どちらも命がけで生みだしてくれてるからですかねぇ
ありがたや〜

すみませ〜ん!オススメの日本酒を1杯くださ〜い🎵

こんにちは、ローガンこと、西島です!

みなさ〜ん!
外食した時に、そこで呑んだお酒が美味しくて、『こんなに美味しいお酒があったなんて!』というような感動を覚えた事はありますか?

先日、当店姉妹店の『薬院 Stand!』にて飲食店様向けの『日本酒ひやおろし試飲会』を2日にわたり開催致しました。開催時間は4時間に限られるにも関わらず100名以上の皆さまで賑わいました。

ひやおろしとは春先に出来たお酒を寝かせて夏を越し、秋口に出すお酒です。これから味がのってくる美味しい秋の食材をふんだんに使った料理に合わせようと、飲食店のスタッフの皆さんがこの試飲会を通じてひやおろしなど秋のお酒を試飲しながら真剣に話し合っているのです。

この日ご用意したお酒は16種類。
少しずつ口に含んではじっと静かに考えるかたや『このお酒はこの料理に合うと思わない?』『これならこの香りが引き立つなあ』と議論するかた、『これはウマっ!』とテンション上がるかたそれぞれです。

中でも、あるスタッフの方にお話を伺いましたところ、『僕の選んだお酒をお客様におすすめして飲んでいただいた時、お客様の表情がほころび、美味しい〜! と言われた時、本当に嬉しいですね』、と仰っておりました。

皆様が飲食店で出会った美味しいお酒には、スタッフの皆さんの思いというテイストもプラスされてあります。

季節の移り変わり、食欲の秋!
お酒もじっくり味わう季節が訪れようとしています。
皆様、是非素敵なお料理とお酒と出会ってくださいね☆

『すみませ〜ん!オススメの日本酒を1杯くださ〜い🎵』

はじめてのわいなりー

こんにちは!塚本です!

とどろき酒店に入社して1年が経ち、毎日のようにワインを飲むようになってついに!
初めてワイナリーを訪問する機会が!それも3蔵も!

まずは岡山のラ・グランド・コリーヌ・ジャポン
フランス ローヌ地方でも活躍する大岡弘武さんが代表をされているワイナリーです。
岡山県船穂町は、マスカット・オブ・アレキサンドリアやシャインマスカットなどの高級生食ぶどうの産地であり、ビニール温室の技術が発明される前からあったガラス温室でぶどうを育てます。
大岡さんの畑にもそのガラス温室を活用した区画があったりと、地域に寄り添った栽培方法を実践しているのが印象的でした。
フランスでの醸造経験から、世界市場を見据えた、しかし現実的なご自身のワインや日本ワインの在り方について貴重なお話を聞かせて頂きました。

次は同じく岡山県新見市哲多(てった)のドメーヌ・テッタ
ぶどう栽培と醸造責任者を務める片寄広朗さんにお話を伺いました。
哲多の土壌は石灰岩質で標高も約400mと高いため寒暖差もバッチリ。カフェも併設された綺麗なワイナリーの屋上から見えるのは一面のぶどう畑!
現在も試行錯誤を続ける片寄さんは地域としての哲多に合う品種、ワイナリーとしてのテッタに合う醸造方法をとにかくやってみる。
計器ではなく最終的には人の手、人の感覚でぶどうにとっての最善手を探っているという印象でした。
最善手に近づいていったときどうなってしまうのか・・・。将来にも期待大!のワイナリーでした。

最後は広島県福山市の福山わいん工房
シャンパーニュのようにスパークリングワインを専門に製造する珍しいワイナリーでは、古川さんご夫婦が共にワインを作っています。
驚いたのが、ワイナリーがものすごく駅に近い!福山駅から10分ほどで到着です!駅近くのワイナリーなら沢山の方が来てくれる。沢山の方にとってのワインがより身近になることを狙って駅近くにしたそうです。
シャンパーニュのレストランで料理修業をされていた代表の和秋さんは、日本に戻ってレストランを経営されてからもワイン造りの夢を諦めきれず、こうしてワイナリーを立ち上げたそうです。
修業時代に様々な生産者を訪れた経験や、それをどのように日本でのワイン造りに活かしているのか。ジャック・セロスに強い憧れがあり、ソレラシステムを採用していること。
造りを始めて3年目の福山ワイン工房さんからも沢山のことを聞かせて頂きました。

こうして3つのワイナリーを訪問して共通していたのは、次世代へのバトンを作っているというところでした。
ヨーロッパに比べてワイン造りの歴史が浅い日本では、その土地に適した品種すら分かっていない状態で、それでも試行錯誤をして。
「年をとった頃にはテロワールが表現できればいいなぁ」と気の遠くなるような話をしているにも関わらず、みなさんやる気に満ちていて。
本当に学びの多い時間が過ごせました。
訪問させて頂いたワイナリーのみなさん、お忙しい時期にお付き合い頂いてありがとうございました!

酒蔵のホームページにブックマーク☆

昨日(8/11)の泡盛焼酎イベントに参加してくださった大和桜酒造のテッカンさん
が、あまりにも好きな空気感で一瞬で仲間!って感じだった(勝手にね)

二日酔いの中、初めてじっくりと大和桜のホームページを覗いてみたら
これまた素敵すぎて誰かに伝えたくて…
是非見てみてください

写真やロゴも動画も素敵(そのロゴがどうやって生まれたかもコラムに載ってる)
何より岡本仁さんのコラムがたまらない
そこに登場する土地、お店に行きたくなるし、本を読みたくなる、酒を飲みたくなる
なんなら飲んだ気になる(まだ酔ってんのかなぁ)

この感覚、宮本輝さんの本を読んでても起こるんだけど、もろ好み♡
チェンマイの回なんてツボすぎ(チェンマイの想いはまた次の機会に書きますね)

ベッドの上からゴロゴロお盆休みスタートです

福岡の車窓から vol.5

こんにちは。
お酒の配達を担当してます、とおるです。

南は大野城から天神や西新エリアまで担当しております。
(飲食店様へ、一升瓶3本より配達しております。)

本日は、大野城市、JR大野城駅そばにあります「スシ男」さんをご紹介します。
店名から、お鮨屋かなと思いきや、最近スシは握ってないそう。笑
海産物はもちろん、大衆酒場を思わせるような豊富なメニュー!

こだわりは?と聞くと、「ただお客さんが楽しく飲み食いしていただければそれでいい。看板娘に会いに来て下さい。」
沖縄出身の大将、神田さんはこう言います。(写真中央髭づらさん)

和気あいあいとしたキッチン内と常連客!
地域密着型酒場です。
思わず焼酎ボトルキープしてしまい、ニンマリです。

次回は、あなたの町へお邪魔します。

ようやく外で酒を浴びる日が… GOOD NEIGHBORS JAMBOREE 2018

今朝はラジオ体操行く時みたいな涼しい風が吹いてて散歩したくなりました。

全く夏らしいことをやらぬままお盆を迎えようとしていますが…ようやく外で酒を浴びれる日が✨

去年友達がツイートしてるのを見て以来行きたいと願ってたgood neighbors jamboree
スタッフとして参加することになりました 🙌

とにかく極上のゆるゆるフェスらしいので皆様ぜひ。
鹿児島は川辺でお待ちしています♡

とどろき酒店は、アヒルストアさんのお隣で日本酒泡と巨峰ワインローズボッサを出しますよー

no music, no sake, no life

静かなほうが落ち着いて飲める。‥という方もたくさんいると思う。

しかし、僕はなぜか音楽が流れているとついついグラスに手を伸ばしてしまう。

イギリスにあるポーツマス大学のロレンツォ・スタッフォード博士(Lorenzo Stafford)は、環境によるお酒の味の変化についての実験を行ったそうです。

その実験とは、まず被験者たち男女80人に「静かな場所」「音楽のみが流れている場所」「音楽とテレビのニュース音声が同時に流れている場所」といった異なる環境で色々な種類のお酒を飲んでもらい、甘さや苦さなどの味を記録してもらうというものです。

その結果、「音楽のみが流れている場所」という環境では、その他の環境と比べてお酒の味を甘いと感じる傾向が著しく増すことがわかったというのです。

人間の祖先は狩猟、採取生活をしていたことから、本能的に危険な食物摂取から身を守るため、苦味や酸味を「嫌な味=毒=不可食」と判断し、甘味を「好ましい味=毒ではない=可食=美味しい」と判断していたといわれています。

どうやら『人間は本能的に甘味を好む』ようですね。

ということで、僕の大好きな『JAZZ』に合わせてワインを選んでみました。

1950年代に西海岸で流行ったウエストコーストジャズの代表的なジャズミュージシャンの一人『チェット ベイカー』。

甘いマスクに中性的な歌声、クールなトランペットの演奏・・・。

彼のトランペットから放たれるノン ビブラートの音はまっすぐに空気に刺さり、そして不思議なくらいあっさりと消えていく。歌は歌になりきらないうちに、僕らを取り囲む壁に飲み込まれていくような浮遊感、不安定さがたまらない。

チェットベイカーは沢山のアルバムがありますが、これが1番聴きやすいと思います。

『CHET BAKER SINGS』

「彼の歌は、無邪気な甘ったるさで女の子たちをなぎたおした」(レックスリード)

と言われるようにめちゃめちゃ甘いアルバムです。

それに合わせるのはフランス アルザス地方のドメーヌ ヴァランタン チュスラン のゲヴェルツトラミネール ボーレンベルグ2012。(¥2,200)

白い花やライチの香りがグラスいっぱいに広がり、雑味や重さを一切感じさせない直線的で輪郭のはっきりとした味わい。貴腐が一部入っている為、豊かな甘みが心地よく続くワイン。リピーターが多いワインです。

チェットの甘く浮遊感のある歌声とチュスランの豊かな甘さが最高にマリアージュしますよー。

たまには音楽を聴きながら美味しいワインや日本酒、焼酎を愉しむのも良いかもしれませんね。

「くさい」んじゃないんですよ

毎日、うだるような…どころではない暑さの中、ここ1~2カ月、どどどハマりしているものがあります。

仕事から帰って、暑かったー、喉乾いたー、ビール飲もうーではなく、
これなんです。

わが家のコレクションもぞくぞくと増えていってます。

焼酎ソーダ。
8月11日、薬院stand!である(知ったら行くしかない)イベントのお誘いをしているわけではありませんよ。

ビールは糖質多いから、ちょっとやーめよっと思って大和桜の紅芋(一升瓶!)をこっそり抱えて帰ったのが始まりで、こんなに飲み比べするようになるとは思っていませんでした。
(お酒を控える、という選択肢は皆無です)
暮らしの中に焼酎がある、というのは初めてのことです。
ワイン担当の私は…今までほとんど飲んでません。

それがもう、ぐびぐび。
まず、ぷわ~んと香る香りがいい。飲んでシュワッと喉ごしがいいのはもちろん、
飲みこんだ後の鼻に抜ける香りがこれまたいい。

その香りが同じ芋焼酎でも全然違います。
焼き芋の香りそのまんまのものもあれば、ちょっと皮が焦げた感があって香ばしく香るもの、
芋きんとんのようにまったり~なものも。
芋からはなれて、(皮も含めた)オレンジのような香りがするもの、
ピリッとして甘さが少なく爽やかなものも。

「芋くさい」のではなく、「芋焼酎は香り高い」んです。
いろんな焼酎をいろんな濃さで試しながら、楽しむ毎夜です。

ソーダで割るのにいいのは、しっかり冷やした状態でも香りがたつ焼酎であること。
割るのに使う炭酸水も、余計な酸味やミネラルっぽさがないものがいいです。
私はいまのところ、サ〇ガ〇ヤの天然水を使ってます。
ネットで1本500mlが65円くらい。

そして一番大事なのが、焼酎も炭酸水もしっかり冷やしておくこと。
うちの冷蔵庫には焼酎と炭酸水がごろごろしてます。

ぜひ皆さんも…

うちのイケメン!

先日、お世話になっている飲食店様に声をかけて頂いて……
小石原にある、ポンタの森にバーベキューへ。

小石原焼きを体験したり、久しぶりの川遊びで童心に帰りました。
捕まえた、おたまじゃくし&クワガタ5匹が自宅にいます。

写真の彼、カッコいいでしょ?!
スクスクと育っています。

素敵な経験をさせて頂きました。
これも人と人、お酒と人との繋がりのおかげです。

暑さが厳しい毎日ですが、バテないように夏を乗りきりましょう!!

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹
中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔
塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

松村美佐
松村美佐(Misa Matsumura)
雑餉のグレイス

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

寺田 裕亮()