BLOG

若波は楽しそう?

福岡でレベルアップ著しいと僕が注目している蔵は「若波」と「山の壽」。
今回は大川の「若波」に行ってきました。

歴史ある建物の中に最新の設備を導入している若波。
外観からは全然その気配は感じられません(笑)

その設備を活かし、今季のような暖かい冬になっても安定した酒造りが
可能なんですね。僕が気に入っているのは昨年からリリースとなった山田錦 純米吟醸。
最近入荷した新酒生酒も絶好調。清掃が行き届いた蔵内、整理整頓された道具類が
プロの仕事場として美しい。当然のようにクリーンな酒質にも納得。

若波と山の壽に共通して感じるのはチームワークの良さ。良い空気が良い酒を醸す。
ねえ、楽しそうでしょ?

雪の畑。

静岡→愛知→山梨→北海道という転がる石のような出張してました。

(写真はコンドウヴィンヤードの畑。積雪130~140cmくらいでしょうか。
飛び出ている杭の下に畑があります。)

北海道は10Rワインナリー、コンドウヴィンヤード、中澤ヴィンヤード、アツシスズキ、
さっぽろ藤野ワイナリーに共栄堂&ドメーヌ・オヤマダのメンツで交流会(飲み会)のため。
共栄堂 小林氏とドメーヌ・オヤマダ小山田氏と連れ立って到着した時の話です。

もちろん外は銀世界。同行の小林氏の足元は5本指靴下にサンダル・・

「轟木さん、失敗しました。靴下が夏物でした。」

失敗はそこではない気がします。2回ほど転びそうになってましたが転んでないから
良しだそうです。。

コップの会 生産者紹介⑥ タケダワイナリー 岸平和寛さん

生産者紹介⑥
ラストは親分、岸平和寛さん。
山形のタケダワイナリー。

1920年開園以来、「良いワインは良いぶどうから」をモットーに、土づくりから始めたぶどう栽培、ワイン醸造を続けられています。
ヨーロッパ系の高級品種を垣根仕立てで栽培し、ソムリエからも高評価。
そんな非日常を味わえるワインから、素朴で素直に飲みやすいワインまで、ラインナップは様々。日常の家庭料理にはもちろんのこと、ちょっとお洒落な食事にも幅広く楽しめます。

……………………………
ワインで感じる日本!
第7回コップの会in博多

“ワイングラスの
脚がとれたらコップになった
コップで飲んだら気楽になった
気楽になったら
ワインが毎日おいしくなった
日本のワインがおいしくなった”

もっと身近に、もっと気軽に日本ワインを楽しもうとはじまった「コップの会」7回目となる今年の博多の会、参加ワイナリーはこの6人です。それぞれの土地、それぞれの気候、それぞれの哲学から生み出される色とりどりのワイン。

日本はせまい?! いや、豊か!
日本は窮屈?!いや、自由!
日本の豊かで自由なワインたちに会いにきてください、まずは感じてください!

◆参加ワイナリー

東北の親分
タケダワイナリー(山形)
岸平和寛

どんどんナチュラルになってる!
酒井ワイナリー(山形)
酒井一平

日本ワインの発展はココなしにはありえない!
ココ・ファーム・ワイナリー(栃木)
石井秀樹

長野に現れた鬼才
ドメーヌ ナカジマ(長野)
中島豊

バラエティに富んだ自由なワイン
ヒトミワイナリー(滋賀)
佐藤湖衣
.
九州代表
都農ワイン(宮崎)
福嶋進吾

◆日時 2019年3月17日日曜日
1部 12:00~14:00✳完売
2部 16:00~18:00✳完売
※スタンディング形式です

◆会場 博多水炊き専門 橙
福岡市中央区大手門1-8-14
>アクセス
◎地下鉄一号線「大濠公園駅」より徒歩3分
◎西鉄バス「大手門三丁目」「大手門・平和台陸上競技場入口」より徒歩2分
.
◆チケット 5800円
・6ワイナリー十数種類のワイン
・モン・アン・エスニック & 餃子のラスベガスのスペシャルおつまみ
・ワインがおいしく飲めるコップ & コップホルダー

◆LIVE
とんちピクルス
zerokichi
ウクレレライブあります♪

※前売りチケットのみ
※定員になり次第締めきらせていただきます
※チケットの払い戻しはできかねますので予めご了承ください

主催/チケットのお申し込み & お問合せは
とどろき酒店 tel 092-571-6304

花粉症で鼻づまりのどが痛いときは…(個人調べです)

こんにちは
冬の寒さも落ち着き

目のカユカユと鼻のズルズルで春の近づきを感じておりますノブです。

たまりませんねこの花粉症というのは。鼻づまり&口呼吸でのどまで痛くなってきました。

皆さんも悩んでいらっしゃいませんか?

そんな方に鼻にも喉にも優しいHOTでおいしいドリンクご紹介しちゃいます。

まずご用意していただきたいのが、

まるごとゆず梅酒(山口酒造場/福岡)

鶯のラベルが可愛い庭のうぐいすで知られる山口酒造場が送る新商品!!

同蔵のヒット商品うぐいすとまり 鶯とろをベースにゆずのピューレがふんだんに使用されており、
鶯とろの濃醇な味わいそのままにゆずの香りさわやかな梅酒に仕上がっております。

このまるごとゆず梅酒を大さじ1杯カップに注ぎお湯を注ぎます。
このままでもスッキリとしておいしいのですが、
さらにはちみつをティースプーン1杯ほど溶かします。
たったこれだけ!
おいしいHOTドリンクの完成です。

早速飲んでみましょう。
あ~ホッとする・・・
湯気に柚子のさわやかな香りが漂い鼻の通りをよくしてくれます。
梅の酸味とコク、蜂蜜の甘さが相性バツグン!
だんだんとのどの痛みが和らいできた気がします(※ あくまでも個人調べですが…笑)。

のんべえにはなんとも理に適うドリンクじゃあないですか!!

皆さんも一度お試しあれ!!

今回ご紹介した商品
まるごとゆず梅酒【山口酒造場・福岡】3,400円/1.8L 1,700円/720ml(税別)
となっております。

アズッカ・エ・アズッコ

今週初め、愛知県豊田市のアズッカ・エ・アズッコさんに行ってきました。
ハハハハッ!と軽快に笑う大介さんが迎えてくれました。

2006年から苗を植え始めて2008年が初収穫、そして2014年に自家醸造スタート。
2haの畑にはいろいろな品種の約9000本の苗が植わり、ワインの年間生産本数は8000本ほど。
夏は暑くて雨も多いし台風もくる。
「こんなところでブドウ作るヤツなんかいないよね。去年はうちのおかげで長野のブドウはある程度守られたのよ(笑)」と言われていました。
畑の斜面はいろんな方向に向いていて、わりと急です。
研修先のトスカーナやバローロの畑がこんな感じだったそうです。

イタリアに行ったばかりのころは、ただひたすら貴族の庭の芝刈りばっかりで。
なんでイタリアにまで来てこんなことを…と思ってたら、ふっといい匂いがしてきて。
なにこれなにこれ!と思ったらいろんなハーブで。めっちゃくちゃ癒されたんです。
だから、自分の畑にもいっぱい植えてる。
夏はうちすごいよ、ミントの量が。爽やかよーはははっ!
と話してくれる大介さん。

仕事をする環境も大事、自分のコンディションも大事。
なので特に夏は畑作業が終わると焼酎のお湯割りを1杯飲んでご飯を食べて、すぐ寝る!
そうです。

「自分は全然ストイックじゃない」と言われていましたけど、そんなことないよなと思いながら話を聞いていました。

初めて苗を植えて12~13年、何がうまくいくかわからないからいろんな品種を植えて。
仕立てもやってみようと思うことにチャレンジして。
「なんでまたこんなところで始めたの」とよく聞かれるけどでもそれなりにはだいたいできるでしょ。
厳しい中でいいものができたら嬉しいし、成功したら僕が開拓者なんだって言える(笑)。
失敗を繰り返しながらもうまくいく自分の(ここの)スタイルを見つけてきた。
次の世代の誰かがここでやりたいと思ってくれるように…。

そしてびっくりしたのが、ワインのラベルは自分で考えてラフ画まで大介さんが描かれているということ。

その年感じたことをそのままコメントにしてるしイメージをラベルにしてる。
「あのコメントよくわからない」と言われるけど、僕にとってはそれこそリアリティなんだけどね…。
でも今となっては、なんであんなラベルにしたんだっけ?ってわからないのもあるけどねハハハー!
だって僕も変わるから。

これまでのリリース情報のコメントを読み返してみようと思っています。
家にアズッカ、寝かせてたかな…ラベルも見返したい。
ご挨拶だけでしたが、奥さんのあずささんともお会いできて良かったです。

「もともと飲食店で働いていたんですけど、もっといろんな種類のお酒が飲めると思って酒屋で働いてるんです」と最後に話したら、
それいいね!ハハハー!と笑って送ってくださいました。

残念ながら今回は時間の都合でワイナリーには行けませんでしたが、いつかまた…。

そしてこの後、萬乗醸造醸し人九平次へ、、、
興奮冷めやらぬ。

轟木と自然派ワインが出会った〜 

不定期開催のスタッフ勉強会の今回のテーマは、
とどろき酒店の基本の基
「自然派ワインとは?」 でした。


代表的なワインを試飲。染み入る〜


またまた全員真剣な眼差し

そもそもとどろき酒店がどうして自然派を扱うことになったのか?
轟木と自然派ワインとの運命の出会いについての話しなどは、
新しいスタッフは初めて聞く話だったと思います。


轟木運命のワイン、ローヌ地方のダール・エ・リボ

今となっては広く知られるようになった自然派ワインですが、
とどろきが扱い始めたのは、今から約20年前にさかのぼります。
当時は「にごっているワインなんて」「ガス感あるなんて」と全く売れなかったそう。
そんな苦楽を共にして長いおつきあいになるワイン。
今となってはとどろき酒店のあり方の幹となるお酒になっています。

ワイン勉強中です!

不定期開催のとどろきスタッフ勉強会。

新年第一弾は、
いつも飲食店さんにお届けしている定番2っこりワイン(2000円前後のワイン)
店頭でデイリーに楽しむおすすめワイン
十数種類を、あらためてみんなで飲んでみました。


みんないつになく真剣…

Continue reading

山の壽

酒造り真っ最中の「山の壽」にちょっとだけですが寄ってきました。
新酒のしぼりがいよいよ始まります。入荷が12月前半でしょうか。

斉田さん、期待してますよ!

素敵な空間

先日、お世話になっている方の誕生日の御祝いに伺いました。
そこは、光と影の演出が見事な店内。
思わず、おぉ~っと声が出そうでした。
雰囲気もスタッフの方々の接客も素敵でした。

時には自分への御褒美に……
時には話したい人と……
素敵な空間に浸りながら飲むのも良いものですね。

人と人、空間、そして美味しいお酒……最高です。

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹
中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔
塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

寺田 裕亮
寺田 裕亮()