BLOG

ロワールのおいしい白!

セバスチャン・リフォー
カルトロン2015

2015年はリフォー自身、2008年に並ぶ、これまでで1番いい年だったそうです。

ソーヴィニヨンの良い意味での青さ・辛さはありつつ、ホワイトグレープフルーツを丸ごと味わっているような。苦味・酸・果実の甘のバランスが素晴らしいです!!

この前、忙しい間をぬってstand!に来てくれたんですー、実は。
サインも見に行ってください。
オンラインショップものぞいてください❤︎

おまちどう

久々に入荷しました!
つよぽんです!

共栄堂 橙2018 ¥1500(税別)

つよぽんは「絶対とんかつ、豚がいいです豚が」と言ってました。
今日から店頭に並んでます。

おひとりさま2本まで。

申し訳ございませんごが、
お電話でのお取置き、地方発送は承っておりません。
地方発送ご希望の方はオンライショップからのご注文をお待ちしております。

Fattoria AL FIORE

ワインのご紹介です!

宮城県川崎町
ファットリア・アル・フィオーレ

◯白 アランチア 2017 ¥4100(税別)
アンフォラと呼ばれる甕で仕込まれるデラウェア。だからこそできた膨らむボリューム感、心地よい酸化のニュアンス。しなやかに伸びていく酸が全体のまとまりを作っています。

◯赤 ロッソ2017 ¥4300(税別)
淡い色合いがとてもきれいなメルロー。
ここ数年のロッソの中でも最も良い出来とのことです!

◯赤 オオノ・フィールド・ブレンド2017 ¥3800(税別)
さくらんぼやオレンジの爽やかな酸、柑橘の皮のような心地良いビターな感じ。15度くらいの温度で飲むと、その美味しさは最大限に…

実は先日、ここ宮城県川崎町に行ってきました。

以前お会いした時よりずいぶんとファンキーになられた目黒さん。でも優しく穏やかに話される姿はこれまでと変わらず。

アルフィオーレのワイン=目黒さん、と認識されている方も多いとは思いますが、実はワイナリーの代表を務めているのは坂口礼奈さん。
宮城県川崎町でワイナリーと農業を中心とするコミュニティーづくりの活動をされる目黒さんの考えに共鳴され、2016年から働かれています。

もともと建築関係のお仕事をされていて、食や農業の分野での興味を持ちつつも、それまでご自身がお酒を飲まれることも少なかったそうですし、ワイン造りをするなんて思ってもいないことだったそうです。

ブドウの栽培、醸造技術を習得するために修行中、とのことでしたが、目指す先にあるのは地域活性化。
ワインがきっかけとなって川崎町を訪れる人、住む人が集まればいいなとニコニコと話されていました。

今日ご紹介したワイン「アル・フィオーレ」シリーズのラベルがなぜこのデザインなのかも伺うこともできました。

まず「フィオーレ」はイタリア語で「花」を意味します。左に頭を垂れたキュベ名入りのロゴは草花を、ツートーンの下の茶色い部分は大地を形取り、種が大地に落ちてまた芽が出て花が咲いて…という願いというか希望が、こめられているそうです。

ラベルも色のついた和紙(川崎町産)に柿渋を1枚1枚塗って(大地の部分になります)。シリアルナンバーも1本1本手書き。大変だけど全然苦じゃないと笑って話すお2人。
スタッフも少なくて全国からの注文が殺到して…造りも…で絶対忙しいはずなのに、ゆったりされている姿を見て私もそうなりたいなと思いました、、、。

そしてワインの試飲。出していただいたのはブドウ果汁の絞りかす(皮と種)をまた別の品種の果汁に漬け込んでプレス・発酵させるという、あまり聞いたことがない造り方。
いろいろと思いついたことを試してチャレンジされているそうです。

ワイナリーは元小学校の体育館を改装。
今年の夏に完成して、2018ヴィンテージから自家醸造がスタートしました。

元体育館なので、校歌の看板?がそのままあったり、バレーボールやバドミントンのネットを張るポール置きがホース置きになっていたり。
下駄箱が棚になり、机もいろんなところに。
小学生の頃、全校集会で体育館に整列してて、暇で暇で体育館内のいろんなラインや照明や、2階のギャラリー…ですかね、外周ですかね、その柵の本数を数えたり…してたなと。
体育館の中で浴びる光が眩しかったなーとか。
この体育館もですが、ラベルのお話も聞けてとても温かく懐かしい気持ちになりました。

今回はこちらの時間に余裕がなく、畑を見るのはかないませんでしたが、またいつか…。

鍋の季節到来!その相棒は…

朝晩の冷え込みが少しづつ凍みる季節になってきました…しかしお鍋も美味しい季節!暖を取りながら一杯ひっかけるなんてのも乙ですねぇー
今回は、お鍋料理のお供にピッタリな芋焼酎『小牧 鴨神楽 カメ仕込み』をご紹介!

※鹿児島県の契約農家が合鴨農法にて、無農薬無肥料で育てたお米を麹米に使用してます。芋は有機栽培で育てた黄金千貫。農家さんと鴨ちゃん達の愛情がタップリと込められた1本です!大変滑らかで、優しい旨味と甘味は温野菜やお鍋の旨味が詰まったお出汁をより引き立ててくれます。

合鴨農法は手間暇がかかり生産性が年々減少している為、年に一度のみの出荷しかされない希少な焼酎となっております。

是非この機会に『あったかお鍋とお湯割り』で暖まって酔いちくれましょー

小牧 鴨神楽 25° 芋焼酎 (鹿児島)

1.8L/2.800円
720ml/1.561円

山田錦のパパとママ飲み比べ

呑兵衛なら誰でも知ってるほど知名度があり、酒造りの上でも優秀な酒米「山田錦」。まさにプリンス、まさに王様の様に貫禄ある味わい。
でも、その山田錦の父方と母方の酒米は意外と知られてなかったりします。

ワイルド味があり、しっかりした味わいの「短稈渡船」はまさに昭和のお父さん。

柔らかく、どこまでも優しい旨味の広がりをみせる「山田穂」は台所に立って夕飯を作る母の様に和やか。

そんな父と母を飲み比べ!
宮城県のスシ王子「日高見」が精米60の短稈渡船と山田穂を仕込んだお酒が入荷です。

※日高見 短稈渡船60 純米酒
1.8L 2.800円

※日高見 山田穂60 純米酒
1.8L 2.800円

是非この機会に渡船はこーだ、山田穂はあーだ言いながら御賞味くださいませ。

宮崎 焼酎蔵元巡りの巻②

渡邊酒造場を後にし、次に向かったのは骨太な焼酎「杜氏潤平」を醸す小玉醸造。飫肥城で栄えた城下町は、南九州の小京都と言われるほど風情漂う街並みが今も残っています。その一角からぷ〜んっと芋焼酎の香りが流れてきます。

蔵を案内していただいた蔵人の工藤さん、体格の良い方で妙に親近感を覚えてしまいます。まず向かったのが貯蔵蔵、基本的に「杜氏潤平」は蒸留した後にこの貯蔵蔵で約2〜3年の熟成期間を設けており、この熟成期間の間に柔らかさとコクの長い余韻が生まれます。※なので夏焼酎とこの時期だけ少量出荷される新焼酎「杜氏潤平 しぼりたて無濾過」はかなり特殊タイプ。

次に案内されたのが麹室です。麹室は日本酒造りで聞く事はありますが、焼酎蔵の中で麹室がある蔵元は珍しく、杜氏の金丸潤平さんが蔵に戻る以前に日本酒蔵で修行されていた為、この麹造りは特にこだわりのある工程だとの事。また、先程伺った渡邊酒造場とは違い小玉醸造は造りの期間が長く、10月頃から3月頃までの約6カ月の間造りをされてるそうです。その長い造り期間の中で、新しい麹菌や、試したかった造りなどを行うなど常に焼酎を進化さていると同時に、その年に最適な仕込み条件を模索して味の再現性を追求しているとの事。

今年の「杜氏潤平」もいつも飲んでる美味い潤平が醸されつつ、アッと驚かされる進化した焼酎に出会えるかもしれません。ますます目が離せない小玉醸造、そして賑わってきてる宮崎焼酎蔵元でした。

宮崎焼酎 蔵元巡りの巻①

先日、宮崎県の焼酎蔵元「渡邊酒造場」と「小玉醸造」に行ってきました!

ちょうど10月〜12月頃は焼酎造りの最盛期を迎え、芋畑から造りまでを一貫して見学させて頂きました。
最初に伺ったのは、「旭 萬年」を醸す渡邊酒造場。造りのシーズンの内に醸造、蒸留などの造りをする期間はたった1ヶ月半ほどで、それ以外の殆どの時間を畑造りに費やしてます。
蔵に到着するなり、すぐに渡邊 幸一郎杜氏と共に芋畑へ直行。道中に出てくる話題も醸造よりも芋の品種や土について熱く語ってくれました。しかし、芋畑に着き見渡すとなるほど素敵な芋畑が広がってました。芋の葉には虫喰いの跡があちこちに見受けられ、無農薬で育てられたのが見てとれます。渡邊さん曰く「追加肥料などで、畑を肥やし過ぎると余計に虫や病気になりやすいんです。自然のままの、適度な栄養のある畑の方が虫も寄らなくなるし、強い芋が育ちます」とのこと。

蔵に戻り造りの工程を見せてくれた際にも、酒母室の扉や窓はあえてオープンにして、外気の空気を酒母に当てるそう。その土地の風土がそのまま焼酎の味わいとなるようにだそうで、まるで自然派ワインの醸造家の様な考え方はいままで想像していた焼酎造りのイメージをガラリと変えられました。

日本のヌーヴォー、入荷してますよ〜

今年のブドウでできたワインをいち早くお楽しみいただけますよ。
できたてほやほや!

ブドウのフルーティな果実味たっぷり、格別なさわやかさ。

ワインはそんな飲まんっちゃんね…という方でも、しこたまワインを飲んでいる方に
も味わってほしい。
「今年の実り」をぜひどうぞ~!

今後も
酒井ワイナリーとタケダワイナリー、そして我らがローズボッサ、入荷予定です。

左から
○白泡 キュヴェオオノ
デラウェアがはじけるシュワシュワ ¥1800

○赤 アイトウルージュ
ベリーの香りが満載 ¥2000

○赤 アイトウルージュ・ドゥー
ブドウの自然な甘味 ¥1800

○赤泡 のぼっこ
本当にいきいき、勢いにまけるな ¥2315

○白 アルガーノ甲州
爽快&柑橘のほんのり甘さ ¥1850

※のぼっこは、赤いリンゴやアセロラ、フレッシュで果実味豊か。さっぱりとした味
わいで本当に本当に美味しいのですが、栓を抜くとあふれ出ます。
必ず「汚れてもいい服で」、「飲む前に立てた状態で十分に冷やして」、「大きめの
ボールなんかをかまして」「ダスター用意して」あけてください。
余裕ぶっていた私はやられました…。でもそんなことはどうでもいい、それ以上にやられてしまう美
味しさです。

※アルガーノ甲州は、たくさんの事前ご予約をいただきました。ありがとうございま
した。…ので、残りわずかです。

ヌーヴォー飲まnight! @ 薬院stand!

ボージョレーヌーヴォーとロワール地方&ラングドック地方のヌーヴォーと日本のヌーヴォーを飲むイベントを開催! 

ヌーヴォーを飲むことは、その年に収穫されたブドウの出来具合を確認するための試飲の意味もあります。

今年もおいしいワインをありがとう!と感謝をしつつ、今年の具合はどうかな? なんて話しながらみんなでワイワイと楽しみましょう。

■日時:2018年11月15日木曜
    1部:18:00~19:30
    2部:20:00~21:30
■場所:とどろき酒店 薬院stand!
■参加人数:各部20名限定
■参加費:4,000円(ボージョレーヌーヴォーとロワール地方&ラングドック地方のヌーヴォーと日本のヌーヴォー+おつまみ盛り合わせ1プレート)
■要事前予約 とどろき酒店 薬院stand! tel 092-753-8311
.
※人数限定の貸し切りイベントのため、通常の角打ち営業はお休みします

芋掘り、芋切り、芋焼酎

きのうはスタッフ研修で鹿児島に行ってきました!

2年ぶりにいちき串木野市の車で5分範囲内にある3蔵を訪問。

大和桜の徹幹さん、天狗桜の白石くん、ツン・みとらを造る田崎酒造の野崎さん。
キャラクターも焼酎造りへの考え方もまったく違って、みんないい、3人。

3人に会うと、違う角度から焼酎造りの話しを聞くことができて、
芋焼酎をさらにたのしく感じます。

どうしてまたこんなにおいしくて個性のある3人の造り手が狭いエリアにいるのか!

詳しいレポートは後日、西島&吉岡がアップします!

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹
中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔
塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

寺田 裕亮
寺田 裕亮()