BLOG

うれしい米味

店休日、みんなで東鶴の野中保斉さんに会いに佐賀の多久まで行ってきました。
佐賀出身の友人によると、多久はかつて炭坑町で花街なども栄えていたそうです。
野中さんによると、酒蔵も4〜5軒あったそうですが、今は東鶴のみ。
盆地なので、蒸し暑さが格別です。

今回の目的のひとつは、今年で3年目、最後の年になるちえびじん中野さんとの共同企画「中野中(なかのなか)」のラベルの打合せです。今年はとどろき酒店がラベル作りを担当させてもらうことになったのです。

2015年Episode3 アマカラの復習[甘口辛口飲み比べ]
2016年Episode2 オカンの誕生[もと違い飲み比べ]
につづいて最後の今年は、
Episode1 ホワイトの覚醒[黄麹と白麹の飲み比べ]
です。

今回東鶴野中さんは、黄麹を担当。
今の状態のお酒を試飲させていただきました。

Continue reading

微発泡ニホンシュCO2 予約はじまりました!

sCO24本onワイン箱

今年も7月7日はCO2で乾杯〜!

ネットでも予約受付スタートしました。
(7月7日以降着で発送いたします)

CO2は4蔵の個性が光る シュワシュワのニホンシュです
・アルコール度数12〜13%(一般的な日本酒は15〜16%)で
・微発泡で
・日本酒であること
を条件に、
4蔵の造り手(土佐しらぎく・東洋美人・庭のうぐいす・三井の寿)が
夏にぴったりの日本酒を造りました。
1杯目からおいしい。

自然発酵でシュワシュワ
日本酒の瓶の中で起こる自然発酵で生まれる炭酸ガス=CO2から、
“CO2(シーオーツー)”と名づけました。

目印は ぽってりしたボトルと繊細な線画
ぽってりとしたボトルに丸いラベル。
各蔵をイメージした線画は、福岡の画家YABUさん作。

7月7日はCO2で乾杯
一般(店頭)販売は毎年七夕7月7日が解禁日です。
「7月7日はCO2で乾杯!」を合い言葉に!

山の井、うま井、角打ちするばい   6/28 水 @とどろき酒店薬院stand!

山の井

新入荷の「あやめ」

裏ラベルにはいつものように「感じるままに飲んでください」のメッセージ。

山の井のお酒は、初めはふんわりと、中盤からのじゅ〜っと来る感じが好きです。
「あやめ」はほんのり香ばしいようないい苦み。
1.8L:¥2800 720ml:¥1400

6月28日(水)には杜氏の渡部景大(わたなべけいた)さんをお招きしての角打ち、やります。
場所はとどろき酒店 薬院stand!
16時スタートです!
きてくださいねー

景大さん、笑顔の優しい素敵なお兄さんです!

山の井を醸す会津酒造は福島県の南会津、栃木県境に近い旧田島町で元禄年間に創業した古くからの酒蔵。
どこらかもアクセスが悪く、会津若松にも車で1時間半…。

冬場はー20度にもなるというこの地でお酒を醸すのは1987年生まれの若き渡邉景太杜氏。
写楽の宮森社長の大プッシュで知り合い、彼の素直な人柄とマイペースな考え方に惹かれ蔵を訪ねました。

古い佇まいを残す蔵は大きな梁や柱が歴史を物語ります。
景大さんは当初はその古さがいやでステンレス張りの「宇宙船みたいな蔵」にしようと思っていたらしいのですが、蔵を見にきた宮森社長からこの蔵を歴史を引き継げと言われ、初めて代々続いた良さに気が付いたそう。

今は建物はそのままに、上手に設備を入れた伝統と革新交わる蔵目指して変革中。

彼の目指す「山の井」は”ゆでたまごのようにスルンと入るお酒”と表現もユニーク。

会津の諸先輩方に揉まれながらガンガン成長していく山の井を応援してください!
応援するばい!

*****************
とどろき酒店 薬院stand! 開催
山の井飲み比べnight!
〜山の井、うま井、角打ちするばい〜

日時 6月28日(水)16〜21時
場所 とどろき酒店 薬院stand!
   福岡市中央区薬院3-7-30
tel 092-753-8311
ホスト 山の井 渡部景大(わたなべけいた)さん
★予約不要
*****************

かわいかー

IMG_5481

これ、なん?かわいかー!

夏に、夏に飲む焼酎です!

左から
⚪︎夏の潤平(芋) 1.8L/¥2300、720ml/¥1150

⚪︎アロアロ(芋) 1.8L/¥2162、720ml/¥1238

⚪︎まんねん ぺんぎん(芋) 1.8Lのみ/¥2037

⚪︎夏の小牧(芋) 1.8L/¥2600、720ml/¥1300

⚪︎ちんぐ 夏上々(麦) 1.8L/¥1886、720ml/¥1000

焼酎も瓶ごとキリッと冷やして、ロックもよし、炭酸割りはさらによし‼︎

ざっと炭酸②:焼酎①
アルコール度数0.8%が理想です。
炭酸(ビシビシ強いもの)も焼酎もきちんと冷やしておくことが、おいしく飲むコツですよ!
ぬるいと氷が溶けて、薄くなって、おいしくなくなっちゃいます。

すべては“世界の都農ワイン”となる日のために。

IMG_5459

自社ブドウを使ったプライベートリザーヴが入荷しましたー!
ソーヴィニョンブランと甲州です。¥2667

甲州は3月のコップの会にも出していただきましたね。
あの時のように、ワインを気軽に身近に感じて楽しんでいただけると嬉しいです。

どちらも「和」テイスト。宮崎、都農の風土を映す味わい。

ソーヴィニョンブランのほうが華やかでアロマティック。
甲州は和柑橘のニュアンス。それぞれに程よくボリュームがあります。

食卓で、コップでリラックスしてどうぞ。

待ちくたびれたー!

IMG_5329

待ちくたびれた…
無事に着きましたよー!

共栄堂 春の橙泡 ¥1900
つよぽんこと小林さんのスパークリング。
濁りをともった山吹色。リンゴやパインのような果実味にナッツやスパイス感も。

4月のコップの会の時に先行で出していただいていたものです。
コップの会の時はじゅっとした渋みがいい感じでしたね〜。
数ヶ月たって、いいまろ味が出てるんじゃないでしょうか…

冷やして飲んでもよし、少し温度高めだとパテとか、絶対おいしい。コップでカプカプ飲むのもよし。

少量入荷のため、ご購入本数を制限させていただく場合がございます。お早めに!

颯爽!

湿気と暑さを吹き飛ばして爽やかな気持ちにしてくれる、そんな素敵な白ワイン。
IMG_5186

ブルゴーニュ・アリゴテJV2015 ¥3000

2015年は恵まれた年で素直においしいです。透明感のある、するっとキレイな果実味にシャープな酸。
キンキンに冷やして飲みたくなりますが…あんまり冷やさないでください!その方が果実味の丸さがいい具合に出ますよー。

JVは”Jeunes Vignes”の略で若いぶどう樹の意味。と、本人たちは謙遜してますが、12~15年の木なので決して若木ではないのです。

アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール/ブルゴーニュ
アリスとオリヴィエの2人が造ります。
2000年ですでにワイン専門誌「ワイン・アドヴォケイト」で格付けのないシャブリとしては異例の高い評価を得ていました。
さらに近年はロワール自然派の鬼才レ・カイユ・デュ・パラディのクルトワとの交流が始り、年を追うごとにより自然なスタイルへと完成度を高めてきています。

お待ちどうさまです

IMG_5133 (2)
お待たせいたしまして。
まだかまだかとお問い合わせもいただきまして。

やっと入荷しました。

ルイジュリアン
元祖グビグビ系、お手軽赤ワイン。
1780円、お得な1ℓ、ケース買いもおすすめ。

南フランスの小さな村のワイン生産者。このワインのほとんどは村人たちによって消費されているまさに「地ワイン」です。

完熟したフランボワーズ、ブルーベリーなどの果実の香り。軽快で瑞々しい飲み心地で、沢山の果実をギュッとそのまま搾ったような溌剌とした甘酸っぱい果実味。今年のは例年よりエキス分がしっかりしている感じです。

今回入荷はアルコール度数10.5%。また6月初めころに12%が入りますよ。

ご縁あって、カーヴドッチ

新潟のカーヴドッチ、入荷しました!

2月に訪問を予定していましたが、史上まれにみる大雪でやむなく延期・・・。
そして4月にやっと念願叶いました。

新潟のドライブコース、海岸線沿いのとても気持ちの良い場所にワイナリーはありました。
宿泊施設、スパ、レストランもあり、一日中楽しめるいいところです。
近くには角田山も。

特徴は何と言っても、水はけがいい代わりに栄養に乏しい砂地にブドウを植えていること。
そして雪も雨も少なく、適度な湿度であること、海風が吹くこと。
最初にブドウを植えたのは1992年、角田の地にしっかりと根付いたブドウ、その1本1本を丹精に世話をすることでカーヴドッチの味わいがワインに現れることを願い、日々の栽培作業を続けています。

1DOCCI-9bottles

ミリュの赤白はコストパフォーマンスも良く定番なのでぜひお試しを。
☆白 ミリュ・ブラン2016 ¥1900 
華やかな香りで、口に入れると旨みと共にほろ苦さが広がり、後半はキリッとした酸。
魚介との相性は抜群。シャルドネを主体にした繊細でバランスの良いワインです。

☆赤 ミリュ・ルージュ2015 ¥1900 
ベリーを想わせる香りと柔らかなタンニン。フルーティーでありながらもしっかりとした味わいが楽しめます。
メルローが主体で、ほんの少しカベルネ・ソーヴィニヨンとマスカット・ベーリーA、ヤマソーヴィニョンをブレンドしています。

日本ではかなり珍しいセミヨンのワインは当店スタッフの評判も良し。
☆白 セミヨン2015 ¥2500
華やかな香りの中にも蜜のようなニュアンスが感じられ、今後の熟成も楽しみなワイン。フルーティーな果実味です。

シャルドネはしっかりと樽の効いたスタイル。寝かせても良くなりそうです。
☆白 シャルドネ2016 ¥3200
樽熟成を行ったコクのあるタイプ。トップに来るのは樽由来の木質感と果実由来柔らかく甘いニュアンス。後半はスッキリとした酸が全体をまとめており、しなやかな印象です。

ソーヴィニヨンブランは爽やかさ酸が心地良い辛口。エスニックとの相性も実はよいのです。
☆白 ソーヴィニヨン・ブラン2016 ¥2700
ハーブ香とスッキリとした味ワインがお楽しみいただけます。料理との相性も良く、魚介はもちろん豚や鳥など幅広い食材とマッチします。

試験的に造るどうぶつシリーズは酸化防止剤無添加、エチケットもかわいいです。
☆白 ぺんぎん ケルナー ¥2700
口に含むと適度なボリューム感と心地よい酸。柔らかさに包まれた酸味と華やかさを感じていただきたいワインです。
北海道余市市の契約農園産ぶどうを使用しています。

☆赤 あなぐま サンジョヴェーゼ2016 ¥2700
目指したのはロゼと赤の中間のような色と優しい飲み口、そして旨みがギュッと詰まった密度の高い液体です。
体に染み入る優しい味わい。

自園のぶどうを使用したワインの中で特に優れた品質のワインのみがこの”Bijou”の名を冠します。
カベルベ・ソーヴィニヨンは複雑な香りとなめらかな飲み口。
☆赤 Bijou カベルネ・ソーヴィニョン2015 ¥4200
干したイチジクを思わせるしなやかな果実味、酸とタンニンが交じり合った奥深い味わい。
そして喉の奥に向かってサラサラと流れるように入り込む余韻はまさに砂質土壌ならではの味わいです。
今お飲みいただいても十分楽しめますが、もう少し熟成させるとさらに味わい深くなるはずです。

ピノ・ノワールは紅茶のニュアンスもでていて素晴らしい。
☆赤 Bijou ピノ・ノワール2014 ¥5600
深紅の色合いとピノの艶やかな香りが広がります。タッチはやさしくなめらかな飲み心地。

この記事を書いている本人はカーヴドッチに行けていません(笑)
行きたい・・・。
でもその分、しっかり飲みました!

イタリアワインも続々!

イタリアからも、あれこれ届きましたよー。
暑くなる前のこの時期は、新着が続々。
IMG_5035

左から順に
ロンガリーヴァ(トレンティーノ)
⚪︎グラミネ2015
スイスイ飲める、いつも人気のロゼ色の辛口(一応)白。¥2580

ダニエーレ・ピッチニン(ヴェネト)
⚪︎泡 アリオーネ2013
目がさめるほどのキリィ、です。加えて干しぶどうのニュアンスも。¥3600

⚪︎白 ビアンコ・ムー二2015
スーッとした後にじんわりボリューム。¥2100

⚪︎白 モンテマーグロ2015
リッチ〜。¥2680

⚪︎白 モンテマーグロ2014
スッキリ〜。VT違いを飲み比べてもいいですね。¥2680

⚪︎赤 ロッソ・ムー二2015
めいっぱいに太陽を浴びた、そんな陽気さに加えてクラシカルさも。¥2400

⚪︎赤 ピノネロ2015
フランスでいうピノノワールです。より完熟感を楽しめます。気象条件、標高がこの品種に合うのでは…?という考えで植えられています。¥4200

どれもよろしくお願いしますー!
自分でも飲みたい、興味深々のワインが次々と入荷するので、お金が追いつきません…。

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

安元光ニ
安元光ニ(Mitsuji Yasumoto)
元野球部

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

五十嵐 牧子
五十嵐 牧子(Makiko Igarashi)
NO SAKE NO LIFE

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長