blog

コップの会 生産者紹介③ ドメーヌ ナカジマ 中島豊さん

チケット
1部は完売いたしました。
2部も残りほんの僅かです。
ありがとうございます!!

生産者紹介③
長野に現れた奇才、ドメーヌ ナカジマ。
中島豊さんが2014年に設立した小さなワイナリー。数々のワイナリーで研修した経験を生かして、手作業や手動の機械を使ってブドウやワインの状態を見ながら、きめ細かい醸造作業をされています。

中島さんは元システムエンジニア。
出張先のホテルでいろいろなワインを飲んだり、
料理スクールやワインスクールに通ったり…されているうちにこの世界へ。
こんなこと言うのはおこがましいのですが、ココ・ファーム・ワイナリーで私が研修させていただいていたころ、少しの間ご一緒していました。
こういう形でまたご一緒できるのは嬉しい限りです。
中島さんはロワールワインがお好きで、ご自身の畑にもロワール品種が多く植えられています。
生産本数も少ないのに飲みたい人はたくさん…、
今回は中島さんの希少なワインも持ってきていただけることに!

……………………………
ワインで感じる日本!
第7回コップの会in博多

“ワイングラスの
脚がとれたらコップになった
コップで飲んだら気楽になった
気楽になったら
ワインが毎日おいしくなった
日本のワインがおいしくなった”

もっと身近に、もっと気軽に日本ワインを楽しもうとはじまった「コップの会」7回目となる今年の博多の会、参加ワイナリーはこの6人です。それぞれの土地、それぞれの気候、それぞれの哲学から生み出される色とりどりのワイン。

日本はせまい?! いや、豊か!
日本は窮屈?!いや、自由!
日本の豊かで自由なワインたちに会いにきてください、まずは感じてください!

◆参加ワイナリー

東北の親分
タケダワイナリー(山形)
岸平和寛

どんどんナチュラルになってる!
酒井ワイナリー(山形)
酒井一平

日本ワインの発展はココなしにはありえない!
ココ・ファーム・ワイナリー(栃木)
石井秀樹

長野に現れた鬼才
ドメーヌ ナカジマ(長野)
中島豊

バラエティに富んだ自由なワイン
ヒトミワイナリー(滋賀)
佐藤湖衣
.
九州代表
都農ワイン(宮崎)
福嶋進吾

◆日時 2019年3月17日日曜日
1部 12:00~14:00✳完売
2部 16:00~18:00✳ほぼ完売
※スタンディング形式です

◆会場 博多水炊き専門 橙
福岡市中央区大手門1-8-14
>アクセス
◎地下鉄一号線「大濠公園駅」より徒歩3分
◎西鉄バス「大手門三丁目」「大手門・平和台陸上競技場入口」より徒歩2分
.
◆チケット 5800円
・6ワイナリー十数種類のワイン
・モン・アン・エスニック & 餃子のラスベガスのスペシャルおつまみ
・ワインがおいしく飲めるコップ & コップホルダー

◆LIVE
とんちピクルス
zerokichi
ウクレレライブあります♪

※前売りチケットのみ
※定員になり次第締めきらせていただきます
※チケットの払い戻しはできかねますので予めご了承ください

主催/チケットのお申し込み & お問合せは
とどろき酒店 tel 092-571-6304

※コメントやダイレクトメッセージでの予約受付は行っておりません。お手数ですが、以下の電話番号かプロフィールのリンクよりONLINESHOPにてお願いいたします。

とどろき酒店 薬院stand! 3rd Anniversary!

この度、3月9日をもちまして開店3周年を迎えることとなりました。
3年という節目の年を無事に迎えられたのもひとえにお酒を愛してやまない飲兵衛の皆様方のご愛玩の賜物と心から感謝しております。

これからも飲兵衛の皆様に愛され続けるようなお店であるように初心を忘れず、
一層努力して参りたいと思います。

お酒は『人』です。沢山の『想い』が込もったお酒をこれからも皆さまと一緒に楽しんでいけたら幸いです。

さて、3月8日と9日は日頃の感謝を込めて、振る舞い酒や、ちょっとしたノベルティ、
楽しいライブなどをご用意させて頂きます。
⚠︎ライブは3月9日(土)のみになります。

ふらっと気軽に酔って頂けると嬉しいです。

皆さまのご来店心よりお待ちしております。

とどろき酒店薬院stand!店長 石田和也

『とどろき酒店 薬院stand! 3rd ANNIVERSARY』

【日時】
3/8(fri)16:00~21:00
3/9 (sat) 14:00~21:00の2days
(3/9 sat 19:00- live)

【場所】
とどろき酒店薬院stand!

予約なしのキャッシュオンスタイル。

live情報↓

とんちピクルス
福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。
ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。淋しい歌からエロい歌まで、 人形メンバーと繰り広げられるステージは、夜の大人の学芸会といった趣。本人は『TPOわきまえてる』って言うけど、あたしは嫌い。大嫌い。

http://happy.ap.teacup.com/tonchi/

太陽バンド
ニューヨーク生まれ、広島育ち、東京在住の畑俊行によるソロユニット。出会いと別れ、笑いや涙、男の哀愁など、日々の風景を時に熱く、時に優しく歌う。弾き語りとバンドスタイルの両方で活動中。スカンク兄弟のメンバーでもある。フェイバリットはThe BAND、PRINCE、 ちあきなおみ、水曜どうでしょう、北の国から、1・2のアッホ、温泉、うどん、水玉模様。2008年にアルバム『8』を、2013年2ndアルバム『穴』 をリリース。
http://www.taiyo-band.com

とんちピクルスと太陽バンド
数年前から『ウィークエンド★ハッスル』と題し、週末ツアーを続ける二人。2015年3月には、ミックス&マスタリングに久保田麻琴を迎え、 ツアータイトルを冠にした友情スプリット両A面シングル『夫婦げんか/弟よ』を発表。

コップの会 生産者紹介② ヒトミワイナリー 佐藤湖衣さん

数年ぶりのヒトミワイナリー。

国産原料にこだわりながら、自社でも栽培し、醸造ではサンスフル、アンフォラ、自由な
ブレンドでワイン造りを楽しんでいます。ここの最大の特徴は出来たままを瓶詰めする

「にごりワイン」ばかりだということ。自由なワインが続々です。

来ていただくのは大分県出身の佐藤湖衣さん。
以前、福岡のコップの会にお客さんとしてご参加いただいたこともあるんです。
こういう形でまたご一緒できるのは嬉しいですね~。
佐藤さんは東京の飲食店で働いた後1年間渡仏。
各地をファームステイして回るうちに 
フランスの日常のワインの楽しみ方や生活スタイルに共感して
ワインを造りたいと思うようになられたとか。
日本に帰ってきて、地元で飲んだヒトミサンのパピヨンの美味しさに心打たれて入社を決めたそうです。

佐藤さんの人生を変えた?ヒトミワイナリー…

続きを読む

コップの会 1部は完売しました。

‪3/17(日)開催のコップの会、1部は完売となり、ONLINE SHOPでの販売も締めきりました。

2部はまだ残りチケットがありますので、ONLINE SHOP、またはとどろき酒店本店/薬院stand!店頭で購入いただけます!‬

……………………………

ワインで感じる日本!.
第7回コップの会in博多.

“ワイングラスの
脚がとれたらコップになった
コップで飲んだら気楽になった
気楽になったら
ワインが毎日おいしくなった
日本のワインがおいしくなった”

もっと身近に、もっと気軽に日本ワインを楽しもうとはじまった「コップの会」7回目となる今年の博多の会、参加ワイナリーはこの6人です。それぞれの土地、それぞれの気候、それぞれの哲学から生み出される色とりどりのワイン。
.
日本はせまい?! いや、豊か!
日本は窮屈?!いや、自由!
日本の豊かで自由なワインたちに会いにきてください、まずは感じてください!

◆参加ワイナリー

東北の親分
タケダワイナリー(山形)
岸平和寛

続きを読む

コップの会 生産者紹介① 都農ワイン 福嶋進吾さん

1部はほぼ完売です!
ありがとうございます~。

生産者紹介、今年は南から。

九州代表、都農ワイン。
すべては“世界の都農ワイン”となる日のために。ぶどうの産地は宮崎県都農町産100パーセントです。
「雨が多くぶどう栽培に適さない」と言われ続ける中で先駆者たちは苦闘しながらも次々に対応策を講じ、品種を更新し、都農の風土を反映するぶどうを育ててきました。

コップの会に来てくださるのは初めての福嶋進吾さん。

福嶋さんは千葉出身の元システムエンジニア。
奥さんのご実家が都農町のブドウ農家さん。
帰省のたびにお手伝いをされたり、自然と触れ合う中で
ご家族で都農町移住を決められたそうです。
現在、ワイナリーでは主に企画を担当されています。

福嶋さんが魅了された「都農の魅力」を存分に!!

続きを読む

アズッカ・エ・アズッコ

今週初め、愛知県豊田市のアズッカ・エ・アズッコさんに行ってきました。
ハハハハッ!と軽快に笑う大介さんが迎えてくれました。

2006年から苗を植え始めて2008年が初収穫、そして2014年に自家醸造スタート。
2haの畑にはいろいろな品種の約9000本の苗が植わり、ワインの年間生産本数は8000本ほど。
夏は暑くて雨も多いし台風もくる。
「こんなところでブドウ作るヤツなんかいないよね。去年はうちのおかげで長野のブドウはある程度守られたのよ(笑)」と言われていました。
畑の斜面はいろんな方向に向いていて、わりと急です。
研修先のトスカーナやバローロの畑がこんな感じだったそうです。

イタリアに行ったばかりのころは、ただひたすら貴族の庭の芝刈りばっかりで。
なんでイタリアにまで来てこんなことを…と思ってたら、ふっといい匂いがしてきて。
なにこれなにこれ!と思ったらいろんなハーブで。めっちゃくちゃ癒されたんです。
だから、自分の畑にもいっぱい植えてる。
夏はうちすごいよ、ミントの量が。爽やかよーはははっ!
と話してくれる大介さん。

仕事をする環境も大事、自分のコンディションも大事。
なので特に夏は畑作業が終わると焼酎のお湯割りを1杯飲んでご飯を食べて、すぐ寝る!
そうです。

「自分は全然ストイックじゃない」と言われていましたけど、そんなことないよなと思いながら話を聞いていました。

初めて苗を植えて12~13年、何がうまくいくかわからないからいろんな品種を植えて。
仕立てもやってみようと思うことにチャレンジして。
「なんでまたこんなところで始めたの」とよく聞かれるけどでもそれなりにはだいたいできるでしょ。
厳しい中でいいものができたら嬉しいし、成功したら僕が開拓者なんだって言える(笑)。
失敗を繰り返しながらもうまくいく自分の(ここの)スタイルを見つけてきた。
次の世代の誰かがここでやりたいと思ってくれるように…。

そしてびっくりしたのが、ワインのラベルは自分で考えてラフ画まで大介さんが描かれているということ。

その年感じたことをそのままコメントにしてるしイメージをラベルにしてる。
「あのコメントよくわからない」と言われるけど、僕にとってはそれこそリアリティなんだけどね…。
でも今となっては、なんであんなラベルにしたんだっけ?ってわからないのもあるけどねハハハー!
だって僕も変わるから。

これまでのリリース情報のコメントを読み返してみようと思っています。
家にアズッカ、寝かせてたかな…ラベルも見返したい。
ご挨拶だけでしたが、奥さんのあずささんともお会いできて良かったです。

「もともと飲食店で働いていたんですけど、もっといろんな種類のお酒が飲めると思って酒屋で働いてるんです」と最後に話したら、
それいいね!ハハハー!と笑って送ってくださいました。

残念ながら今回は時間の都合でワイナリーには行けませんでしたが、いつかまた…。

そしてこの後、萬乗醸造醸し人九平次へ、、、
興奮冷めやらぬ。

轟木と自然派ワインが出会った〜 

不定期開催のスタッフ勉強会の今回のテーマは、
とどろき酒店の基本の基
「自然派ワインとは?」 でした。


代表的なワインを試飲。染み入る〜


またまた全員真剣な眼差し

そもそもとどろき酒店がどうして自然派を扱うことになったのか?
轟木と自然派ワインとの運命の出会いについての話しなどは、
新しいスタッフは初めて聞く話だったと思います。


轟木運命のワイン、ローヌ地方のダール・エ・リボ

今となっては広く知られるようになった自然派ワインですが、
とどろきが扱い始めたのは、今から約20年前にさかのぼります。
当時は「にごっているワインなんて」「ガス感あるなんて」と全く売れなかったそう。
そんな苦楽を共にして長いおつきあいになるワイン。
今となってはとどろき酒店のあり方の幹となるお酒になっています。

第7回 コップの会 in 博多 3/17日開催 予約受付スタート!


春の恒例行事となりつつある「コップの会」、今年も開催が決定しました!
今年も6人の日本ワインの生産者が参加します。
ぜひ日本の豊かで自由なワインに会いにきてください、
まずは感じてください!

ワインで感じる日本!
第7回コップの会 in博多
予約受付スタート!
(チケットのお渡しは2/19以降です)

“ワイングラスの
脚がとれたらコップになった
コップで飲んだら気楽になった
気楽になったら
ワインが毎日おいしくなった
日本のワインがおいしくなった”

もっと身近に、もっと気軽に日本ワインを楽しもうとはじまった「コップの会」
7回目となる今年の博多の会、参加ワイナリーはこの6人です。
それぞれの土地、それぞれの気候、それぞれの哲学から生み出される色とりどりのワイン。
日本はせまい?! いや、豊か!
日本は窮屈?!いや、自由!
日本の豊かで自由なワインたちに会いにきてください、
まずは感じてください!

東北の親分
タケダワイナリー(山形)
岸平和寛

どんどんナチュラルになってる!
酒井ワイナリー(山形)
酒井一平

続きを読む

3月17日(日)はコップの会です!

今年も日本ワインを造り手と一緒に楽しむコップの会開催!
3月17日(日)です。

参加ワイナリー決定しました!

東北の親分!「タケダワイナリー」

どんどんナチュラルになっている「酒井ワイナリー」

日本ワインの発展はココなしにはありえなかった「ココファーム」

長野に現れた鬼才「ドメーヌ・ナカジマ」.

バラエティーに富んだ自由なワイン「ヒトミワイナリー」.

九州代表「都農ワイン」.

の6つ。

どうです?
なかなか飲みごたえのあるメンバーでしょう?

もうちょっとでご案内できると思います。
少々お待ちください~。

とどろき酒店 バスツアー 2019 重家酒造・横山蔵に行きます!

どもども、あべなりです。

今年も恒例のイベント・・・

「とどろき酒店 バスツアー」

を行います。

ただ今年は、バスではなく・・・フェリーで海を渡ります!!

長崎県・壱岐に行きます。

そう、昨年秋に28年振りに日本酒蔵を再興した
「重家酒造 横山蔵」
に行きます!

新設した蔵は綺麗で、九州でも屈指の新しい設備の中で
醸される「よこやま」は初年度から高評価を得ているお酒。

横山太三杜氏が自ら案内・説明をしてくれます。

行くならば・・・今年しかないっ!

ということで、

皆でのり込むことにしました(笑)


とどろき酒店バスツアー 2019
重家酒造・横山蔵 (壱岐)

日時 : 2019年2月24日(日) AM9時30分(時間厳守)
集合場所 : ベイサイドプレイス博多埠頭 チケット売り場前
会費 : 10,000円(船代、バス代、昼食代込み)
定員 : 66名
予約締切 : 2月15日
申込み : とどろき酒店 TEL092-571-6304

当日は、日本酒蔵だけでなく
むぎ焼酎「ちんぐ」を造っている重家酒造にも行きます。

一日に日本酒と焼酎の蔵を一気に見に行って、
大好きになって帰ってきましょう!

行きのフェリーは2時間強の時間を要します。
着いたらそのまま昼食に向かいます。
その後それぞれの蔵を見学し、最後にお土産物産店に寄って、
博多埠頭に 18時10分 戻り予定です。

短い滞在時間になりますが、中身の濃いツアーになってますので、
興味のある方、酒蔵に行ったことのない方でもお気軽にご参加ください。

皆さまからのご連絡楽しみにしております!

*定員になり次第受付終了予定になりますが、帰りのフェリーの
座席予約状況によっては予定定員数前に締め切ることもありますので
お早目のご予約をお願い致します。

*予約締切後のキャンセルは受けかねますのでご了承ください。

*チケットは前売りのみになりますので、店頭での購入もしくは振込後の
郵送にて手配させていただきます。

*悪天候でフェリー欠航の際は中止になることもございます。
前日までにお知らせいたします。
(中止の際は会費を払い戻しさせていただきます)

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹
中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔
塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

寺田 裕亮
寺田 裕亮()