blog

フランス行ってきました③ クロ・デュ・テュエ・ブッフ

続いてクロ・デュ・テュエ・ブッフ。

ヴァンナチュール界では、超ベテランのトップに君臨するピュズラ兄弟。
(お兄さんのジャン・マリーにもお会いできました!)

私もお姉ちゃんとお兄ちゃんがいるのですが、こういうの、ないかなーないよなーきっとね…

1994年、父の畑をジャンと共に継ぎ「ル・クロ・デュ・テュ・ブッフ」を起ち上げ、1999年にネゴシアン(「ティエリ・ピュズラ」)を始め、以降、ティエリはネゴスとドメーヌの両⽅を管理する多忙な⽇々を送ることとなります。2014年、ネゴスを共同経営者となっていたボノーム(この後訪問しました)に引き継ぎ、現在はドメーヌ1本に専念。…とはいえ、そのキュヴェ数の多いこと…。
好奇⼼旺盛なティエリは、ネゴスをやめてできた時間を使って新たなワインの発⾒と開拓を次々に⾏っています。 数年前からリリースされるようになったクヴェヴリもその流れの⼀環で、ジョージアワインに多⼤なインスピレーションを受けて仕込んだものだそうです。

たくさん試飲させてもらいました~。
樽から瓶詰したものから、もうすぐ日本に入ってくるものや、いろいろ。
あのティエリ!!とテンションが上がって、残したくない、吐き出したくない、でもちゃんと試飲するためには吐き出さないと…と葛藤に苦しみました。たいてい飲み込みましたけど。

以前ティエリのクヴェヴリを日本で飲んだ時も今回も、味わいにいわゆる「クヴェヴリ」ぽさ(一般的にいう酸化のニュアンスや醸しによる渋みなど)はないよな…と思っていました。
ティエリのイメージからしても、クヴェヴリのワインがリリースになった時、私は意外に感じていて…。
そのことを聞いてみたところ、、、

ティエリは、アンフォラは真のテロワールを限りなくニュートラルに表現できると考えているそうです。
(※アンフォラは甕自体のこと、クヴェヴリはアンフォラを使って仕込む醸造方法のこと)

アンフォラはワインが樽のようにきちんと呼吸をし、かつ樽よりもニュートラル。さらに、地中に埋められた環境で⼟の中の⾃然な温度で静かに発酵と熟成が繰り返され、まさに⾃然がワインをつくるという究極の形︕今までとは全く違う観点からテロワールにたどり着けるのではないか︖と直感したそうです。

彼の本当に目指すところは、アンフォラで仕込んでいても、味わいにアンフォラを感じさせないワイン。アンフォラのワインをつくりたいのではなく、ただただ、ワインのポテンシャルを引き出す手段としてアンフォラを選択しているに過ぎないのだそうです。

ほほぉ~。
最近、アンフォラで仕込む生産者がだいぶ増えてきましたが、ティエリみたいに感じているんですかね…。
また違う観点からなんですかね…。知りたくなります。
こういうのも全部含めて生産者の話は面白いです。

今ではイタリア製、スペイン製、地中に埋まったジョージア製の計6つのアンフォラがありました。
試行錯誤を繰り返しながら、つくりたいワインのイメージがだんだん固まってきているそうです。
手に入れることができるなら、その年その年を追いかけたいものです。
なんせ数が少ないもので…。

実は私、3~4年前に一度お会いしたことがあるんです、と最後に伝えたら、
あぁ、ずっと、なんか会ったことあるっちゃんねーって思いよったとよ!と言ってくれました。
本当かどうかはものすごく怪しいところですが、うれしいものですね。

黒レトリバー(?)のLUNAが、入っていいところ・ダメなところもちゃんとわかっていて、その扉の前で伏せてる姿がかわいかったです。
画像はないんですけどね。

フランス行ってきました② レイナルド・エオレ

昨日は調子にのってしまいましたが、目覚めはすっきり。
朝ごはんももりもり。
その日のホテルの朝食はレバーのテリーヌがガッツリありました。
朝からこれは食べきらん~と思いつつも、食べちゃいましたよね。
ワインもあったらよかったのに。

パリから車で3時間ほど、アペラシオン的にはオルレアンのレイナルド・エオレへ。
訪問1件目ということもありワクワクが募ります。

レイナルドは毎年注文して入荷もするのですが、飲み頃が難しいイメージ。
ポテンシャルが十分に引き出されるのに時間がかかってしまうのです。
でも数年~寝かせたワインをぜひ味わってほしい。
今、2011~2012年ヴィンテージの、いい感じのがあるんですよ~。
ご興味ある方はお早目にお問合せください。

AOCオルレアンは2006年に新しく認定された区域ですが、レイナルドのワインは品種のブレンドや醸造方法が馴染まないため、AOCの申請をせず全てVdFで仕込まれます。

総面積5haほどの畑を1人で管理。
ロワール品種に限らず、アルザスやジュラ…あたりの、現在は14種が植わっているそうです。
ロワール川左岸の畑はワインにカッチリとしたミネラルを与えるシスト土壌。
右岸はシストに加えて、ふくよかで香りも深みもある味わいを生む石灰質・粘土質が多く含まれており、大きく異なる2つのテロワールからそれぞれ特徴豊かなワインが造りだされます。

そして、醸造も基本1人。
彼自身、神経質で頑固な性格を自覚していて、人を雇うより1人で作業をする方が楽なんだそう。
ちなみにインポーターさんの紹介では「誰の群れにも交わらない!俺流で唯一無二のワインを追求する孤高の天才!」
でも実際に会うと、ニコニコされていてしかも相当かっこいい。

カーヴは1階と地下に分かれていて、階段を下りたところにあるセラーはひんやり。やっと涼しい~。
余談ですが、樽の移動も1人でなんとか上げ下げしているそうです。すごい。
ちょっと隣を覗くと鍋やいろんな調理器具がぶら下がっていて。
レイナルドさまのお料理、めちゃくちゃおいしいらしいんです。特にキノコの採れる時期。いつか食べたい。

早速試飲させてもらいました。
まずは樽で熟成中の2018年と2017年、赤白。
「あ、おいしー」
果実味があってクリアで、素直においしい。
でもなんか、「レイナルド・エオレ味」ではない…。

続いて瓶詰めされた2016年や2014年の赤白。
お?果実味が控えめになって、鉱物的な感じが出ているのにスルスル感も増していて、口中に染みる優しさ。なんか、ものすごくバランスがいい。する〜と入る。飲んでいて気持ちいい。

レイナルドのワインは基本的に長期樽熟成。彼にとっての瓶詰めのタイミングは、ブドウの果実味が熟成によって削ぎ落とされ、果実味に隠れていたミネラルが表に出始めたときなんですって。

え、なんて?果実味を削ぎ落とす……?

「一般的なロワールのワインはフレッシュで果実味がエレガントで飲みやすい。でもその一方で、熟成が短いために果実味のその奥にあるミネラルが見えづらく、私には少々暴れたワインが多い」んですって。

ワインに求めるものは「ミネラル」と「フィネス」と「複雑さ」。
彼自身、それが自分で飲みたいワイン。
フィネスは洗練されていて質感や骨格のバランスがいい、というところでしょうか。
品種をブレンドすることで、一般的なロワールワインにはない複雑さと面白みを出しています。

レイナルドは熟成による違いを知ってほしかった、と言って樽からのワインと瓶詰後のワインを飲ませてくれました。
繰り返しますが、今、彼の個性が光る2011~2012年ヴィンテージの、いい感じのがありますよ~。

フランス行ってきました①

6月最後の1週間、ロワールとボルドーの生産者をまわってきました。

この期間、フランスは観測史上初の熱波。
前情報でカーヴの中は寒い、ロワール川近くは寒い、夜は寒い…と聞いていたので上着も準備、日中の格好も長袖によせて準備万端。
空港を出ると、あれ??暑いよね?? 福岡のほうが暑くないかも?
一昨日までは肌寒いくらいだったようです。

パリに20時頃に着いて、翌日からの生産者訪問に備えて軽く飲むつもりだったのに昇り始めたテンションは止められませんよね。
しかもフランスは22時過ぎまで余裕で明るい!
気分は昼飲み。でも深夜。あくる朝は早い。
胃薬飲んで寝ました。

…2日目に続く。

8/3(土) SAKE A GOGO開催決定 ☆7/4(木)よりチケット販売スタートします

まだ今のように日本酒が飲まれていなかった頃、
「もっと気軽に日本酒を飲んでもらう機会を作りたい」
とスタートしたSAKE A GOGOも気づけば今年で10回目!

今年はyonawoのゲストライブも!

そしてもっちろん、いい音楽に欠かせないお酒をお出しします。

☆チケットの販売は明日7/4(木)よりスタートします

SAKEAGOGO2019 10TH
いい酒×いい音楽=しあわせ

■日時
8月3日土曜日
OPEN 19:45
START 20:00 CLOSE 01:00

■会場
ROOMS 福岡市中央区大名2-1-50 3F
TEL 092-751-0075

■チケット  ☆7/4(木)より販売スタートします
前売り 2500 yen[1ドリンク付]
当日 3000 yen[1ドリンク付]
2杯目以降はキャッシュオン 500yen〜
※当日券は出ない場合があります

●ドリンク(日本酒・焼酎・自然派ワイン)500yen〜
●エスニック&スパイシーおつまみ from カーネル深夜食堂 500yen〜
※ フードはなくなり次第終了です

■LIVE 22:00~
yonawo
www.instagram.com/useryonawo

■参加蔵元
<日本酒>
宮寒梅
土佐しらぎく
庭のうぐいす
若波
TAMA
山の壽
よこやま

<焼酎>
大和桜

<自然派ワイン>
野村ユニソン
ディオニー

■DJ
武末充敏(organ)
マツヲシンヤ
野見山聡一郎
恵谷和史
kiimao tong
轟木渡

■チケットの販売&問合せ

どろき酒店
instagram_@todoroki_saketen
TEL 092-571-6304
福岡市博多区三筑2-2-31

とどろき酒店 薬院stand!
Instagram_@todoroki-yakuin
TEL 092-753-8311
福岡市中央区薬院3-7-30

飲酒イベントのため、20歳未満の方はチケットの購入・ご入場出来ません。
年齢確認のためIDチェック(年齢確認)を行います。顔写真付き身分証を必ず,携帯・ご持参下さい。万一確認がとれない場合は、入場をお断りする場合があります。その際の払い戻しも一切出来かねますので,ご了承下さい。(顔写真付き身分証とは、運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カード、外国人登録証明書 等になります。)

とどろき酒店 薬院stand! スタッフ募集!

とどろき酒店 薬院stand! では、スタッフを募集しています。

自然派ワイン・日本ワインに興味がある方
お客さまの笑顔とお酒が好きな方
食に興味がある方
料理に興味がある方
(経験者優遇します!)

いっしょに楽しく、刺激し合いながら働ける方をお待ちしております!

【業務内容】
○お酒小売り・角打ち接客
○在庫管理
○簡単な調理 など

【勤務内容】
○勤務日数、時間等は応相談です
○正社員、パート、アルバイトなど形態も応相談です
(長期間働ける方優遇します!)

問合せ
とどろき酒店
092-571-6304(担当:轟木)

田植え at 若竹屋!

こんにちは、塚本です!

6月2日、ずっと行きたいと思っていた若竹屋の田植えにようやく参加できました!

田主丸の若竹屋酒造場から車で5分ほど行くと見えてくる田んぼ。その脇に苗が並べてある光景。
昔、筑前に住んでいた頃は当たり前に見ていた景色も、久しぶりに見るとテンションは上がりまくりです。

参加していただいた飲食店様など30名ほどで横になって山田錦の苗を手植えしていくわけですが、
慣れないうちは「もう目印の線動かしますよー」「こっちまだ終わってませーん!」と若干グダグダ(笑)
しかし4列も終わるころには「まだ次の列いかないの?」という声が聞こえそうなくらいにサクサクと苗が植わっていきます!

その結果、あっという間にこうなりました。

なぜこんなにも早く終わったのか、みなさんにはお分かりですね。

お酒が待っているからです!

労働の後に、ハンドルを握ってくれていた先輩の歯ぎしりを聞きながら飲むお酒はとても美味しく、
仕込み水を使ったそうめん流しは子供たちよりも、酔った大人たちの注目の的になり。
最後には吉井町にあるリバーワイルドさんの吟醸豚ホルモンを頂いたり。
自分の植えたお米がこうやってお酒になっていくんだ、と次の年を想像をしながら楽しむことができました。

参加していただいたみなさん、なによりこの日のために準備していただいた若竹屋のみなさん、
貴重な経験をさせて頂きました!本当にありがとうございました!!

おつまみバンザイ 時間変更します。

明後日6月8日(土)開催の「おつまみバンザイ」に時間の変更があります。

予定  12時〜13時半

変更後 12時半〜14時
です。

既に参加が決まっているみなさまには、深草松竹さんよりご連絡をさせていただきます。

直前の変更になり大変申し訳ございません。
ご確認のほどどうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーー

梅干し、梅酒、らっきょう漬けの季節の到来。
できあがりをそのままいただくのもいいけれど、
ちょっとした工夫で夏にうれしいおつまみの名脇役に。
日常的な晩酌にも、
ちょっとしたおもてなしにも使える、
うれしいレシピを季節のお酒とともにいただきます。

梅干し・梅酒・らっきょうを使って
夏をおいしく乗りきる
酸っぱいさっぱりおつまみ

日時  6月8日土曜日 12時〜13時半 → 12時半〜14時に変更になりました。

講師  松竹智子(深草)

参加費 4800円
    ・おつまみ4種レッスン&試食(デモンストレーション形式)
    ・日本酒・焼酎・ワイン3種

定員  10名程度

会場  とどろき酒店 薬院stand!
    福岡市中央区薬院3-7-30

お申込み 深草 090-5027-4464
     薬院stand! 092-753-8311

※キャンセル料について
定員が限られているためお断りしているお客様もいらっしゃいます。
できるだけキャンセルのないよう、また食材やお酒の準備もございますので、
開催3日前よりキャンセル料を設定しております。 
予めご了承ください。
3日前…参加費の半額
当日…参加費の全額

父の日トート再入荷しました!




父の日トート再入荷しました!

表には、とどろき酒店で取り扱いのあるお酒/ワインの国の言葉で、“お父さん” と書いています。

pére(フランス語)
padre(イタリア/スペイン語)
πατέρας(ギリシャ語)
father(英語)
父(日本語)

裏には、とどろき酒店のオリジナルキャラクター “トッドちゃん” 。

※ ひとつ一つ手刷りのため、にじみやかすみも味わいとしてご了承ください

今年は青と黄のみ。
数限定です。

本店店頭 & ONLINESHOPでも購入いただけます。

自然派ワイン・日本ワイン きほんの試飲会

【飲食店さま限定】
自然派ワイン
日本ワイン
きほんの試飲会
~「スッキリ辛口」「コクあり」など味のタイプ別に紹介~

とどろき酒店の扱う自然派ワイン・日本ワインは、
軽やかで染み入るような味わいがあり、洋食に限らず、素材を生かした
和の料理ともとてもよく合います。

今回の試飲会では、1000~2000円台のカジュアルな価格帯で、
定番メニューとして扱いやすいワインを中心にご紹介します。

すでにワインをお取り扱いいただいている飲食店さまはもちろんのこと、
これからオンメニューを検討されている飲食店さまもぜひ足をお運びください。

日時 2019年6月5日(水)6日(木)12:00~16:00
 
場所 とどろき酒店 薬院stand!
   福岡市中央区薬院3–7-30 tel(092)753-8311

内容 1000~2000円台の泡・白・赤・ロゼワイン 15種類くらい

参加費 500円

※ オーナーさま、スタッフの皆さま、時間内出入り自由ですので、
ご都合のいい時間にお気軽にお越しください。
※ また、自転車でのご来場はご遠慮ください。

お問い合わせは 
とどろき酒店
tel(092)571-6304

梅干し・梅酒・らっきょうを使ったおつまみ

手軽だけどちょっと気のきいたおつまみのレシピを教えてもらう
【おつまみバンザイ】。

今回は、梅雨から夏にかけてうれしい酸っぱいさっぱりしたおつまみです。

そこに合わせるお酒は、
日本酒も焼酎もワインも!という欲ばりプランでお出しする予定です〜。

ーーーーーーーーーーーーーーー

梅干し、梅酒、らっきょう漬けの季節の到来。
できあがりをそのままいただくのもいいけれど、
ちょっとした工夫で夏にうれしいおつまみの名脇役に。
日常的な晩酌にも、
ちょっとしたおもてなしにも使える、
うれしいレシピを季節のお酒とともにいただきます。

梅干し・梅酒・らっきょうを使って
夏をおいしく乗りきる
酸っぱいさっぱりおつまみ

日時  6月8日土曜日 12時〜13時半

講師  松竹智子(深草)

参加費 4800円
    ・おつまみ4種レッスン&試食(デモンストレーション形式)
    ・日本酒・焼酎・ワイン3種

定員  10名程度

会場  とどろき酒店 薬院stand!
    福岡市中央区薬院3-7-30

お申込み 深草 090-5027-4464
     薬院stand! 092-753-8311

※キャンセル料について
定員が限られているためお断りしているお客様もいらっしゃいます。
できるだけキャンセルのないよう、また食材やお酒の準備もございますので、
開催3日前よりキャンセル料を設定しております。 
予めご了承ください。
3日前…参加費の半額
当日…参加費の全額

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹
中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔
塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

寺田 裕亮
寺田 裕亮()