blog

宮崎 焼酎蔵元巡りの巻②

渡邊酒造場を後にし、次に向かったのは骨太な焼酎「杜氏潤平」を醸す小玉醸造。飫肥城で栄えた城下町は、南九州の小京都と言われるほど風情漂う街並みが今も残っています。その一角からぷ〜んっと芋焼酎の香りが流れてきます。

蔵を案内していただいた蔵人の工藤さん、体格の良い方で妙に親近感を覚えてしまいます。まず向かったのが貯蔵蔵、基本的に「杜氏潤平」は蒸留した後にこの貯蔵蔵で約2〜3年の熟成期間を設けており、この熟成期間の間に柔らかさとコクの長い余韻が生まれます。※なので夏焼酎とこの時期だけ少量出荷される新焼酎「杜氏潤平 しぼりたて無濾過」はかなり特殊タイプ。

次に案内されたのが麹室です。麹室は日本酒造りで聞く事はありますが、焼酎蔵の中で麹室がある蔵元は珍しく、杜氏の金丸潤平さんが蔵に戻る以前に日本酒蔵で修行されていた為、この麹造りは特にこだわりのある工程だとの事。また、先程伺った渡邊酒造場とは違い小玉醸造は造りの期間が長く、10月頃から3月頃までの約6カ月の間造りをされてるそうです。その長い造り期間の中で、新しい麹菌や、試したかった造りなどを行うなど常に焼酎を進化さていると同時に、その年に最適な仕込み条件を模索して味の再現性を追求しているとの事。

今年の「杜氏潤平」もいつも飲んでる美味い潤平が醸されつつ、アッと驚かされる進化した焼酎に出会えるかもしれません。ますます目が離せない小玉醸造、そして賑わってきてる宮崎焼酎蔵元でした。

宮崎焼酎 蔵元巡りの巻①

先日、宮崎県の焼酎蔵元「渡邊酒造場」と「小玉醸造」に行ってきました!

ちょうど10月〜12月頃は焼酎造りの最盛期を迎え、芋畑から造りまでを一貫して見学させて頂きました。
最初に伺ったのは、「旭 萬年」を醸す渡邊酒造場。造りのシーズンの内に醸造、蒸留などの造りをする期間はたった1ヶ月半ほどで、それ以外の殆どの時間を畑造りに費やしてます。
蔵に到着するなり、すぐに渡邊 幸一郎杜氏と共に芋畑へ直行。道中に出てくる話題も醸造よりも芋の品種や土について熱く語ってくれました。しかし、芋畑に着き見渡すとなるほど素敵な芋畑が広がってました。芋の葉には虫喰いの跡があちこちに見受けられ、無農薬で育てられたのが見てとれます。渡邊さん曰く「追加肥料などで、畑を肥やし過ぎると余計に虫や病気になりやすいんです。自然のままの、適度な栄養のある畑の方が虫も寄らなくなるし、強い芋が育ちます」とのこと。

蔵に戻り造りの工程を見せてくれた際にも、酒母室の扉や窓はあえてオープンにして、外気の空気を酒母に当てるそう。その土地の風土がそのまま焼酎の味わいとなるようにだそうで、まるで自然派ワインの醸造家の様な考え方はいままで想像していた焼酎造りのイメージをガラリと変えられました。

素敵な空間

先日、お世話になっている方の誕生日の御祝いに伺いました。
そこは、光と影の演出が見事な店内。
思わず、おぉ~っと声が出そうでした。
雰囲気もスタッフの方々の接客も素敵でした。

時には自分への御褒美に……
時には話したい人と……
素敵な空間に浸りながら飲むのも良いものですね。

人と人、空間、そして美味しいお酒……最高です。

日本のヌーヴォー、入荷してますよ〜

今年のブドウでできたワインをいち早くお楽しみいただけますよ。
できたてほやほや!

ブドウのフルーティな果実味たっぷり、格別なさわやかさ。

ワインはそんな飲まんっちゃんね…という方でも、しこたまワインを飲んでいる方に
も味わってほしい。
「今年の実り」をぜひどうぞ~!

今後も
酒井ワイナリーとタケダワイナリー、そして我らがローズボッサ、入荷予定です。

左から
○白泡 キュヴェオオノ
デラウェアがはじけるシュワシュワ ¥1800

○赤 アイトウルージュ
ベリーの香りが満載 ¥2000

○赤 アイトウルージュ・ドゥー
ブドウの自然な甘味 ¥1800

○赤泡 のぼっこ
本当にいきいき、勢いにまけるな ¥2315

○白 アルガーノ甲州
爽快&柑橘のほんのり甘さ ¥1850

※のぼっこは、赤いリンゴやアセロラ、フレッシュで果実味豊か。さっぱりとした味
わいで本当に本当に美味しいのですが、栓を抜くとあふれ出ます。
必ず「汚れてもいい服で」、「飲む前に立てた状態で十分に冷やして」、「大きめの
ボールなんかをかまして」「ダスター用意して」あけてください。
余裕ぶっていた私はやられました…。でもそんなことはどうでもいい、それ以上にやられてしまう美
味しさです。

※アルガーノ甲州は、たくさんの事前ご予約をいただきました。ありがとうございま
した。…ので、残りわずかです。

ヌーヴォー飲まnight! @ 薬院stand!

ボージョレーヌーヴォーとロワール地方&ラングドック地方のヌーヴォーと日本のヌーヴォーを飲むイベントを開催! 

ヌーヴォーを飲むことは、その年に収穫されたブドウの出来具合を確認するための試飲の意味もあります。

今年もおいしいワインをありがとう!と感謝をしつつ、今年の具合はどうかな? なんて話しながらみんなでワイワイと楽しみましょう。

■日時:2018年11月15日木曜
    1部:18:00~19:30
    2部:20:00~21:30
■場所:とどろき酒店 薬院stand!
■参加人数:各部20名限定
■参加費:4,000円(ボージョレーヌーヴォーとロワール地方&ラングドック地方のヌーヴォーと日本のヌーヴォー+おつまみ盛り合わせ1プレート)
■要事前予約 とどろき酒店 薬院stand! tel 092-753-8311
.
※人数限定の貸し切りイベントのため、通常の角打ち営業はお休みします

芋掘り、芋切り、芋焼酎

きのうはスタッフ研修で鹿児島に行ってきました!

2年ぶりにいちき串木野市の車で5分範囲内にある3蔵を訪問。

大和桜の徹幹さん、天狗桜の白石くん、ツン・みとらを造る田崎酒造の野崎さん。
キャラクターも焼酎造りへの考え方もまったく違って、みんないい、3人。

3人に会うと、違う角度から焼酎造りの話しを聞くことができて、
芋焼酎をさらにたのしく感じます。

どうしてまたこんなにおいしくて個性のある3人の造り手が狭いエリアにいるのか!

詳しいレポートは後日、西島&吉岡がアップします!

第2回 太宰府・小鳥居小路で 満月ワインバー 

「太宰府・小鳥居小路で 満月ワインバー」を2年ぶりに開催することになりました!

生粋の太宰府っ子である馬場さん(太宰府天満宮権禰宜/写真左)、
児嶋さん(太宰府市役所職員/写真右)を中心に
地元のお店の方々と一緒につくる、商店街の小さなお祭りのような満月ワインバーになりそうです。

3連休の初日、ぜひ遊びにいらしてください。
詳細は随時ブログ、FB、instagramで告知をしていきます!

第2回
太宰府・小鳥居小路で
満月ワインバー

日時:2018年11月23日(祝) 13:00〜19:00
場所:太宰府 小鳥居小路 ※西鉄太宰府駅より徒歩3分
   (天満宮参道を大鳥居に向かい、左に折れる横道です)

◎ とどろき酒店より ワイン・日本酒 500円〜
◎ 小鳥居小路各店より おつまみ各種

>予約不要
>キャッシュオン
>立ち飲みスタイル

お問合せは
とどろき酒店 092-571-6304

日南麦酒

昨年、誕生したばかりの宮崎 日南麦酒!

ブルワリーは日南駅のすぐ裏なんすがわかりづらい場所で、着いても
えっ?コレ!?っていう地味で小さな佇まい(失礼!)。

オーナー兼醸造家の橋本彰史さんに案内していただきました。
仕込みが小さいので少しづつ改良しながら品質向上していってる最中とのこと。

先に2種が入荷しましたが、今後IPAなども入荷予定です!
ぜひ九州のクラフトビールをお楽しみください!

<日南麦酒>
日南麦酒は2017年に宮崎県日南市に誕生した小さなブルワリー。オーナー兼醸造家の
橋本彰史さんが一人で造っています。日南の水を仕込み水に、毎回試行錯誤しながら
改良を重ねています。(宮崎)

☆木崎浜ペールエール  330ml  500円
宮崎のサーフスポット”木崎浜”をイメージしたペールエール。香ばしいホップのアロマに
アフターのほろ苦みが心地よい。このアフターの隠し味は緑茶!飲みやすさと飲みごたえを
兼ね備えたビールです。

☆パネユズエール  330ml   500円
このピールは、南部九州産のゆずピール(柚子の皮)をふんだんに使い、柚子の香りとテイストを
半端なくプラスしたピールです。ハンパねー柚子ピールという事で『パネユズエール』と
ネーミングしました。柚子の香りとテイストを存分に感じながらお楽しみください。

日日堂


ローズボッサのラベルやイベントのちらし、
小冊子「ニホンシュ 僕らの時代」、はたまた店の俯瞰図にいたるまで、
とどろき酒店のたくさんのデザイン・イラストをお願いしている
ぱんとたまねぎの林舞さん。

ご本人は屋号のとおりパンが好きでパンの本の著者でもあるのですが、
博多で【日日堂】なるものをはじめられるそうです。

11月17日(土)にはオープニングワークショップで博多張子の絵付け体験があるようですよー。

日日堂 OPENING WORKSHOP
博多張子の絵付け体験
講 師:博多張子職人・三浦隆
時 間:11月17日(土)13:00-14:30
参加費:2,000円(ワンドリンク付)
会 場:TONAGI hostel&cafe https://www.tonagi.com/access/
申込先:nichinichido1@gmail.com

「物語のあるみやげもの屋」とありますがいったい何がはじまるのでしょうか…
個人的にはinstagramに登場している松之助さんが気になります。。

今後のさまざまなお知らせはinstagramでされるそうです
チェックしてみてください〜

日日堂 NICHINICHI DO
instagram : nichinichido1117 

貴と山田穂

先日、山口の「貴」の勉強会に参加。

貴の考える香り、お米、産地特性、そして純米にこだわる話などなど
杜氏となり十数年を経た永山杜氏の現在と今後の展開を知る素晴らしい
機会でした。

テイスティングはガッツリ15種!
一つ一つ永山杜氏の丁寧な解説が入ります。
山田錦へのこだわりは普段から聞いていましたが
今後、ポテンシャルに期待しているのは「山田穂」だそう。

ん?山田穂といえば、以前造っていて「もうこのお米は使いません」
宣言したのが山田穂だったような・・。

聞けば大して当時は特徴のないお米と思っていたそうですが、数年後に
とある料理屋で熟成した自分の山田穂を飲んで、その変化にびっくり!
寝かせてグッと上がる山田穂のポテンシャルを思い知らされたそう。
以来、真剣にこのお米に取り組むことを考え、今の「多可山田穂」が
出来上がります。

現在の状態はキレイな酸と透明感。全体はシャープな印象で
とても美味しい。ぜひ寝かせてさらなる変化を楽しみませんか?

☆貴 純米大吟醸 多可山田穂 720ml
http://shop.todoroki-saketen.com/?pid=120011448

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿 真由美
椿 真由美(Mayumi Tsubaki)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

中島 徹
中島 徹(Toru Nakashima)
笑顔をお届けします。

view more

塚本 浩輔
塚本 浩輔(Kosuke Tsukamoto)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
カツミ・ローガン・ニシジマより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

寺田 裕亮
寺田 裕亮()