BLOG

2021. 3

春のオノマトペ

雨がしとしと…雲がふわふわ…桜の花びらがひらひら…。

日本には沢山のオノマトペがありますが、僕は濁点のないオノマトペが柔らかくて好きです。
幼く感じるけど棘がなくて心地良い。
意外と伝わりやすかったりしますしね。

今日おすすめするはきゅんきゅんスルスルなロゼ。

花見にいけるのなら一本持っていきたいワインです。

フランス、ロワール地方の造り手フランツソーモンが作るロゼ。

苺キャンディーの香り、開けたてはほんのりしたガス感があり、瑞々しくてフルーティー。
シャープな酸というよりは丸い酸に包まれ、たっぷりのミネラルと若干の苦みが今の季節にぴったりです。

冷やせるなら少し冷やした方が美味しそう。
春になると白黒つけないふわっとしたロゼが飲みたくなります。


ロゼ
⭐︎フランツ・ソーモン ヴァン・ド・フランツロゼ 2018
フランツ・ソーモン/ フランス・ロワール.
2280円(税別)

春🌸にのむべき Soif(ソワフ)なワイン

Soif(ソワフ)=渇き。

喉の渇きを潤すような、肩ひじはらずに飲めるワインのことを
“ヴァン・ド・ソワフ”と呼んだりします。

暖かくなると、食事も気分も軽やかに。
自然と飲むワインも気軽なものに。
今回はそんなゴクゴク飲めるワインたちを集めてみました!

↓ワインの詳細・ご購入は、ワイン名をクリックしてください(すべて税別価格です)↓


いつ飲んでも春に行けます
フレッシュなクランベリーやラズベリーが軽やか。
キレイなロゼ色も素敵です。

ロゼ☆フランツ・ソーモン ヴァン・ド・フランツ ロゼ 2018 2280円
<産地>フランス ロワール
<品種>ガメイ、グロロー


Juicy & Smoothe
迷ったらガレ。
ノドが渇いたらガレ。
とりあえずガレ。

赤☆エステザルグ キュヴェ・デ・ガレ 1380円
<産地>フランス ローヌ
<品種>グルナッシュ、カリニャン、シラー


ミネラルの詰まった個性派
塩を振った柑橘のような飲み心地。
火を入れたお野菜と一緒に
グビグビどうぞ!

赤☆ジャン・マルク・ドレイヤー オーセリス 2018 2780円
<産地>フランス・アルザス
<品種>オーセロワ


名前で選びました!
完熟の旨味がスルスルっと入ってきます。
大地の温かみを感じます。

赤☆マキシム・フランソワ・ローラン イル・フェ・ソワフ 2018 2280円
<産地>フランス ローヌ 
<品種>グルナッシュ、シラー


たまには甘口ワインもいかが?
お昼にぽかぽか陽気を浴びながら飲む甘口ワインって
なんだかお洒落。

甘口☆シャトー・プラド モワルー 2018 2280円
<産地>フランス ボルドー
<品種>セミヨン