BLOG

<ギアをいれたいときに>Sympathy for the Devil

自分をちょっと上げたい時に好んで聴く音楽がある。
「悪魔を憐れむ歌(Sympathy for the Devil )」*もそんな一曲。

マラカスとコンガのサンバのリズム、
パーカッションを切り裂くようなシャウト。
何度聴いてもイントロからゾクゾクしてしまう。
ピアノと同時に入ってくるミック・ジャガーの歌は語るように静かに始まるが
「Woo,woo」というコーラスと共に徐々に熱を帯びてくる。
もうこのころには ”さあ飲もう!” って気分に出来上がっている次第。

合わせるのは弾けるような美味しさの 
オリヴィエ・ボノーム トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン 2018

このワイン、果実味満載の喉ごしでグイッグイ飲んでしまいそうな味わい。
ブドウのエネルギーにまたテンションも上がります。

*ローリングストーンズのアルバム「Beggars Banquet」の1曲。
「Get Yer Ya-Ya’s Out !」のライブ盤も有名だが僕の好みはこのスタジオ録音。

オリヴィエ・ボノームのワイン



<仲間と集まる夜に>stand!にて

気の置けない仲間が集まるとワインの好みもバラバラ。
中にはやたらたくさん飲むヤツがいたりする…。

こんなときには、みんなに受けて、かつリーズナブル、
でもちゃんとナチュラルで美味しいワインがいいね。
ならばドイツの地元で飲まれている1Lワインはどうでしょう?

ベッカーの畑はドイツ領だったりフランス領だったりと
複雑な歴史を経た場所(現在も畑は国境をまたいでいる)。
でもそこからできたワインはシンプルに美味しい。
気楽でワイワイやるためのテーブルワインです。

さっぱりとした白の1L
☆白 ベッカー ジルヴァーナー1000ml

フルーティーな赤1L
☆赤 ベッカー ポルトギーザー1000ml

ベッカーのワイン



<癒されたい…>Rocksteady

ドリンクブースで時々ライブに出店させてもらうボードビリアンがバロン。
ボードビリアンとは歌って踊って、曲芸なども取り入れた軽喜劇の演者のこと。

バロンのステージはお客さんとの距離が近くいつも和やかな雰囲気だ。
ウクレレと歌を中心に、ノッてくれば時にパントマイムや洗濯板のリズムで歌ったり。

お気に入りの曲は ”ロックステディ”*。

ゆったりとした裏のリズム、優しく絡むホーン、暖かい音色のハモンドオルガン。
メンバーと会話をするような穏やかな演奏と
ちょっと寂しい歌詞にも癒される。

この曲を聞きながらカトリーヌ・ブルトンの泡 を飲み、
ソファーに埋まったらどんなに気持ちいいだろう。
時間を忘れそうな組み合わせじゃない?

※バロンと世界一周楽団 アルバム「なにはなくとも」に収録。

カトリーヌ・ブルトンのワイン



<青空・星空の下で>スクリューな気分

太陽と風を感じながら青空の下で飲むのって楽しい。
キャンプ、ピクニックにフェスに、庭だって有りです。
野外で飲む時に、思うのはスクリューキャップって超便利だということ。
サクッと開けれて、飲み残してもまた簡単に栓ができる。
オープナーいらずで旅の友にもぴったり。

ということで気楽なスクリューキャップ特集!

☆白 クードレ シャルドネ
白はクードレのシャルドネ。
お手軽でシンプルなジャケだが侮るなかれ。
ずっとベストセラーなのには訳がある。

☆白 リンクリン ミュラートゥルガウ
リンクリンは、あまりワイン飲んでない仲間から
ナチュール好きまで楽しめる陽気なワイン。
ギュッとブドウの旨みと爽やかな果実感。
ジャケのロゴもイケてます。

☆赤 カステルモール ビュヴェット
赤オススメは当店大定番、カステルモール ビュヴェット赤。
暑いシーズンはビシッと冷やしてグイグイ、涼しいシーズンは常温でガブガブ。
ちなみにロゼと白もあります。(リンク張れる?)

☆赤 アーラー ピノ・ノワール
ちょっと贅沢なワインも飲みたいならアーラーのピノ・ノワール。
豊かな大地を感じる旨みとキメ細やかなタンニンがエレガント。

グラスも紙コップじゃ味気ない。こんなアウトドア向けもあります。
☆プラカップ

クードレのワイン



リンクリンのワイン



カステルモールのワイン



アーラーのワイン



<風呂上がりに>Virtual Insanity

風呂上がりはやっぱりビール!
それが休日の早い時間なら夕飯の準備をしつつ、
BGMにJamiroquai のVirtual Insanity を。
ビールもテンションを上げてくれるこんなのを開けてみる。

日南麦酒 梅ヶ浜ホップバースト

日南麦酒は日南駅近くの裏路地にひっそりとたたずむブルワリー。
初めて訪問した時は看板らしい看板が見当たらず、
おそらくここだろうというところで入った建物がこのブルワリーだった。
狭いスペースに、給食室の鍋くらいの醸造用の容器が数個置いてある程度の設備だ。
小さな仕込みで精度を上げながらバージョンアップするのは、日本酒の加茂錦と同じ感覚。

数種類あるラインナップの中でも気に入っているホップバーストは、
IPA的にホップの量が多く、ガツっとドライな苦味が押し寄せながら喉を潤す。
風呂上がりに爽快感倍増の飲み物だ。

加茂錦
新進気鋭の新潟の蔵。縁あってふいに訪ねてきた加茂錦の田中悠一君。1992年生まれの彼は酒造りに本気になってまだ4年?とキャリアは短い。が、本気で取り組んだ利き酒はもともとの能力があったのか、物凄いレベル。経験が長いくらいではとても太刀打ちできないとこまで行きついています。そしてさらにすごいのが酒造りをほぼ独学でやっているにもかかわらず、お酒が美味い!すごい男が現れてます。

*IPA
「India Pale Ale(インディア・ペール・エール)」の略。ホップの風味が強くて苦味があるのが特徴。

日南麦酒のビール



Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿姐さん
椿姐さん(Tsubaki Nesan)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

塚ちゃん
塚ちゃん(Tsukachan/Dukachan)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
ニッシーより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

あいりーん
あいりーん(Airin)
右から左へ 端から端までお騒がせ

view more

上田佑樹(Yuki Ueda)
Translator

view more

STAFF()