BLOG

<和食><あっさり魚介>鮨がよぎった

それは画家の薮さんのアトリエでのこと。
ワインのラベルデザインの打ち合わせをしながらこのワインを口に含んだ瞬間、
頭の中を鮨がよぎった。

香りも果実味も控えめ、塩っ気とほどよい酸味…
これは鮨、白身魚の鮨だ。
「鮨、食べたいですよね…」
打ち合わせの内容とまったく関係ない言葉を私は口走っていた。

ジュリアン・デリュー ポン・ブルゾー 2018

ジュリアン・デリューのワイン

<あっさり魚介>おさかなとワイン

あー、今日はどうしても魚がたべたいなぁー。
刺身なんていいなぁー。でもワインも飲みたいなぁー。
けど、刺身にワインって生臭くなるって聞いたことあるしなー。
やっぱり今日は無難に日本酒にしとこっ!

………そう思ったそこの貴方!朗報です!

お刺身に合うワインあるんです。

フランス ロワールの造り手『ランドロン』のミュスカデ “アンフィボリット・ナチュール”2018

柔らかい口当たりとグレープフルーツのような爽やかな酸とミネラル。
お刺身に少し柑橘を絞ってこのワインを口に含むとお口が喜ぶ喜ぶ。
ちなみにゆずを絞ったわかめの酢のものとの相性も抜群でした!

是非一度お試しあれ。

ランドロンのワイン

<中華・エスニック>辛い料理とアルザスワイン

辛い料理に合うワインを求める人っていると思います。
僕もスパイスカレーやらグリーンカレーやカレー作りにハマっていて、
その延長もあってエスニックや中華に合うワインってなんだろうと考えました。

今のところ、「ワインにも香りがあって甘さがあって料理に負けないものがいい説」がしっくりきています。
辛みの強い料理には香りも強いものが多くて、それを熱いうちに食べるには辛さを流してくれる相棒が必要だと思うのです。
そこに気付いてからは辛い物を食べるときはまずアルザスのワインを探すようになりました。

今だとチュスラン ゲヴェルツトラミネール ボーレンベルグ2016 おすすめです!
ライチや白い花などアジアンな香りと、ハチミツ系のほんのり甘い風味にうっとり。
食後にチーズでもつまみながらしっとり飲むときにもバッチリです。
華やかで味わいも強いワインってどんな料理に合わせるか迷うことも多いと思いますが、
パチンと組み合わさったときの感動もひとしおです。

是非この楽しさをみなさんにも味わってほしい!

* 同じワインをチーズと合わせてみたら … <チーズ>正反対の相性 by 石田

チュスランのワイン

<チーズ>正反対の相性

世の中には正反対のものが沢山溢れている。

アフォガードのように冷たいアイスに温かいエスプレッソをかけるものだったり、
ROYCEのチョコのポテトチップスだったり。(ついつい一箱食べてしまいそうになる危険なやつ)
今回はそんなチーズとワインの組み合わせです。

ワインはフランス、アルザス地方の造り手『チュスラン』の造る
ゲヴェルツトラミネール ボーレンベルグ2016
ライチや白いお花のような香りとはちみつのようなしっかりした甘さが心地良いワイン。

チーズはフランス南部の羊の乳から作られる青カビの『ロックフォール』
独特のピリッとした刺激と、クリーミーな味わいのハーモニー。塩分も多く、非常に個性的なブルーチーズです。

この甘いワインと塩味のある個性的なチーズが、たまらなく合うんです。
苦手な人も多い青カビのチーズ。
一緒に食べてみると『あれ?美味しいかも』ってなりそうです。

一度試してみては?

* 同じワインを辛い料理と合わせてみたら … <中華・エスニック> 辛い料理とアルザスワイン by 塚ちゃん

チュスランのワイン

<がっつり肉>無限ループ

仕事終わり。
今日は疲れたーお腹減ったー、手間をかけずにちゃちゃっとできるやつがいいな…。
でも肉食べたい。

こんなときはもう、すき焼きです。

牛肉に砂糖をまぶして焼いて、割り下を入れて野菜と豆腐と炊くだけ。
新玉ねぎがある季節は、この新玉がとてもいい甘みを出してくれます。
甘じょっぱく味付けをした鍋からは食欲をそそるとてもいい香り。
溶き卵にくぐらせて、食べます。
牛肉の甘さと野菜の甘さ、豆腐に味がしみてます。

でも、甘じょっぱい味だけだと口が疲れてきますよね。

ここはもう、キザンの赤を飲むしかありません。
ベリーの果実たっぷりな、なめらかな口当たり。
後味には酸と心地よい渋み。ふわりと鼻を抜ける牛肉の甘さとワインの果実味。
このワインの後味が、甘じょっぱさをリセットしてくれます。

そうしたら、またひと口目と同じおいしさですき焼きが食べられるんです。

すき焼きをひと口食べるたびに、ワインをひと口。
ワインをひと口飲むたびに、すき焼きをひと口。
無限ループの始まりです。

白ごはんも食べたい。卵とじもしたい。あとでうどんも煮込みたい。
でもこの無限ループから抜け出せるのか…。

そしてキザン赤、お得なマグナムボトルもあるんです。
たっぷり飲みたい方はこちらをぜひ。

機山ワイナリーのワイン

<和食>年中食べたい

鰻ってなんでこんなに魅力的なんでしょう。
土用の丑の日だけじゃなく年中食べたい料理の一つですよね。

しっかりと炭火で焼かれた身は外はカリッと中はフワッと、少し甘めのタレの香ばしい香りが食欲を誘います。

こんな時にこのお酒はいかがでしょうか。

澤屋まつもと守破離 雄町

わずかにマスカットのような香り、口に含むとプチプチとしたフレッシュなガスを感じます。

やわらかい甘みが広がりその周りをキレイに酸味が縁取っているよう。

最後に苦みできれいにキレていきます。

鰻のタレの甘みと日本酒の酸味がお互いの味を引き立てており、
また日本酒の苦みが焦げの苦みを抑制してうまくバランスをとっています。

松本酒造の日本酒

<がっつり肉>無性に肉が食べたくなる時…

無性に肉が食べたくなる時ってありません?

そういうときはシンプルにステーキに限ります。

染みだしてくる油がとてもジューシーで食べながらよだれが出てきます。

今回合わせるのは、

麦焼酎の「つくし 黒

お肉にビールやハイボールも合うのですが、
今回はぜひ麦焼酎6:お湯4のお湯割りを合わせてみてください。

お湯を50℃くらいにすると香ばしさが立ち、ぐっと深みが増します。

脂身の多い肉と合わせると奥深い味に変わります。

油脂は温かい飲み物によく溶けるんですよ。

●つくしの焼酎

出谷右衛門のきょうの蕎麦前 其の一 自生クレソンと鴨の鍋

出谷右衛門(でやえもん)に行くと、いつもお品書きを読むのがたのしい。
野菜から、魚から、蕎麦から、細やかな季節の移り変わりを感じることができるからだ。
そこにまた季節のお酒を合わせる楽しさといったら!
個人的よろこびも兼ねた公私混同で、
ときどき不定期で気まぐれに更新します。

出谷右衛門のきょうの蕎麦前 
其の一 
自生クレソンと鴨の鍋

クレソンの季節は短い。ちょうど桜に目がいく3月半ばくらいから、4月半ばくらいまで。ゴールデンウィークあたりには、もう花が咲いてしまうそう。出谷右衛門の鴨鍋に添えられる葉物も、レギュラー選手の白菜や春菊に代わってこの時期にはクレソンが登場。佐賀県小城のみかん農家サトルさんの畑の横のきれいな小川に自生するクレソンが、鍋にほろ苦い春を連れてきてくれる。

合わせたお酒は
秋鹿 山廃純米 山田錦
秋鹿はかなりの種類の山廃※を造っていますが、原酒※が多いので骨太な印象の人が多いのでは。でもこの山廃は違います。アルコールちょい低めで軽やか。ふっくらとお米の滋味を感じながらスイスイ飲んでしまう。旬なクレソンのほろ苦さもさらりと受け流し、鴨肉の旨みもしっかり受け止めてくれる。常温もいいけどぬる燗が抜群すぎて、箸も杯も止まらんとですよ。(轟木)

●自生クレソンと鴨の鍋
1600円(1人前) *そば付き
<メニューにある時期>3月中旬~4月中旬くらい
*鴨鍋の時期は10月~4月中旬クレソンが終わるまで
*仕入れによってはない日もありますので、事前にお問い合わせください

●秋鹿 山廃純米 山田錦
五尺 500円
一合 900円
*2020年3月時点ではオンメニューしています

※【山廃(やまはい)】…山廃造りや生酛(きもと)造りというのは、現代主流の速醸(そくじょう)づくりが生まれる明治時代中盤まで主流だった。速醸造りは人工の乳酸を添加するのに対し、山廃・生酛造りは自然な状態であらゆる微生物が活動する中から強い乳酸菌をうまくとりこみ育てる。それぞれの造りにそれぞれのよさがある。

※【原酒】…加水によるアルコール度数を調整していない、しぼったままのお酒

蕎麦前 出谷右衛門
夜だけ営業する飲むための蕎麦屋。鬼平犯科帳好きな出谷一晴さんと妻のかいさんのふたりでやりくりする。見逃しそうな小さな表札、黒い通路の奥にある大きな木の扉を引いたところに、のんべえが篭りたくなる心地よさがある。

福岡市中央区大手門3丁目1-15-1
092-725-1789
17時~翌1時(LO12時半)
定休日 日曜・ハッピーマンデー

<がっつり肉>時間の経過もたのしい組み合わせ


秋に赤ワインと合わせたい料理として料理家の手島幸子さんから教わったレシピは、
乾燥ポルチーニの出汁と塩味だけのシンプルな豚肉の煮込み。

乾燥ポルチーニの風味ってすごいですね。
「乾燥」って調理をされていることで、
生のポルチーニとは全く違う風味。
少しの量で、出汁っぽさ、枯れた感じ、乾いた土のような風味がバシッと効いてくる。
生のしいたけと乾燥しいたけの違いと同じですね(そりゃそうだ)。

ダール・エ・リボのセ・ル・プランタンの華やかなスミレの香り、ブルーベリーやカシスのような紫系果実のピュアな甘みとポルチーニの風味が相まって鼻腔に抜けていくと、くーいい!
思いつきでブラウンマスタードをつけてみると、これまたいい!

開けたての華やかな相性、
数日経って落ち着いたワインと味がしゅんだ煮込みとの相性、
とワインも煮込みも数日かけての変化が楽しい組み合わせ。
秋の夜長の楽しみがまた一つ増えた。

豚肉のポルチーニ風味煮込みRecipe

●料理家手島幸子さんとスタッフ田中の往復書簡
浅草⇆博多 テジとど便 
第一回「今日は 何、飲む?何、食べる?」春編
第二回「今日は 何、飲む?何、食べる?」秋編

ダール・エ・リボのワイン

<エスニック・中華>コクの黒酢とナチュラルな甘み

ワインの名前になっているKV(カーヴェー)は造り手であるカリーム・ヴィオネの愛称。
本人に会ったことのあるボス轟木曰く、
ラベルの似顔絵通りの陽気なおじさんらしい。
ボトルの中身も、ワイワイとみんなで飲む場によく似合う陽気そのものの味だ。

開けたては果実味がフレッシュで、酸がシャキーンとしている。
軽やかで飲みやすい一方で、
カカオや黒こしょうのようなスパイシーさもあるというニクいやつなので、
肉の脂や黒酢などのコクともよく合う。
料理家の手島幸子さんに教わった豚肉の黒酢炒めと合わせると、
隠し味に加えるメープルシロップの自然な甘みとの絡みもナイスな塩梅。

開けたてのピチピチした相性もいいし、
時間が経って馴染んできた酸との落ち着いた相性もまたじんわりといい。

豚肉の花椒風味の黒酢炒めRecipe

料理家手島幸子さんとスタッフ田中の往復書簡
浅草⇆博多 テジとど便 
第一回「今日は 何、飲む?何、食べる?」春編
第二回「今日は 何、飲む?何、食べる?」秋編

カリーム・ヴィオネのワイン

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿姐さん
椿姐さん(Tsubaki Nesan)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

塚ちゃん
塚ちゃん(Tsukachan/Dukachan)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
ニッシーより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

あいりーん
あいりーん(Airin)
右から左へ 端から端までお騒がせ

view more

上田佑樹(Yuki Ueda)
Translator

view more

STAFF()