BLOG

もーりーの真夏のお燗のススメ。

厳しい太陽の日差しと、より暑さを膨張させるセミのジリジリ声に夏バテ気味の方々。
暑いからって冷たいものばかり飲んでいませんか? 
もちろん冷たいお酒は爽快で、この季節は一際美味しく感じます。
がしかし、冷たいお酒で身体を冷やし過ぎたり、お酒を冷やし過ぎて折角の料理や食材の味わいを鈍らせたりしてはもったいない!

そこでオススメなのが『夏のお燗酒』。
身体の芯を温めて夏冷えを防ぎ、自然な涼がとれるんです。さらに日本酒は栄養価の高い飲み物。
温めることにより吸収されやすく、弱った胃腸に優しいお酒なんですよ。

夏の味の濃い食材も、冷やし過ぎたお酒では素材の風味や旨味が閉じこもったまま。
温かいお燗酒で合わせると口の中で食材とお酒の旨味が絡み合いお互いを引き立ててくれます。

『冷えは万病の元』と言いますが、普段の飲み方でも最初に冷たい飲み物、次第に温度を上げてお燗酒で〆る。
そんな粋な飲み方もいいもんですね。

↓お酒の詳細は、それぞれの☆商品名をクリックしてください(価格は全て税別です)

~もーりー 一押し夏お燗酒~


☆奥播磨 山廃純米(おくはりま) 1.8l 2714円
常温~お燗で様々な表情を見せてくれる奥播磨。いわゆる山廃の濃い飲みごたえは無くアッサリとした後口が魅力です。素朴な食材を活かした料理との相性がGOOD! “生姜とミョウガを散らした焼きナス”をぬる燗で合わせてみたら思いのほかナスの香ばしさを邪魔しないのに驚きました。適度な酸味とミョウガの風味が心地よく爽やかな余韻のまましばし浸ってしまいます。他に“ヤマメの塩焼き”など、川魚特有の風味をお米の香りが包み込み旨味を引き立てます。
(兵庫県/下村酒造店)


☆石鎚 土用酒 純米(いしづち) 1.8l 2760円 720ml 1407円
まず合わせてほしいのがラベルにも描かれてる『うなぎ』。濃厚な旨味と、脂を強めの酸味がサラリと流し込んでくれます。少し温めると脂を切り過ぎず、脂の旨味をも堪能できる優れもの。上燗から燗冷まししてアジフライもおすすめです。
(愛媛/石鎚酒造)


☆いづみ橋 恵 純米吟醸 1.8l 3200円
骨太で膨らむ旨味と心地よい後キレが面白いお酒。どんな温度帯でも楽しめるお酒。味の濃い料理にも負けない旨味を持っていますがお燗にすると柔らかさがグッと増してとても合わせやすくなります。岩カキをぬる燗で合わせると、濃厚なカキの旨味を引き立てつつ、ドライにキレていきます。
(神奈川/泉橋酒造)

☆真夏の燗酒セット(3本) 9541円

土用の丑の日は うなぎ×日本酒 うなぎ×赤ワイン 

2020年の土用の丑の日は7月21日(火)と8月2日(日)!

土用は季節の変わり目。
栄養価の高いうなぎを食べて精をつけようという日本の文化です。
うなぎの蒲焼きと合わせてほしい日本酒とワインをピックアップしました!
もくもくと上がる煙に香ばしいタレの香りが漂い・・ああ、お腹すいてきた。。

↓お酒の詳細は、それぞれの☆商品名をクリックしてください(価格は全て税別です)


☆石鎚 土用酒 純米 720ml 1380円
ラベルの通りうなぎのためのお酒!穏やかさの中に芯のあるうなぎに寄りそうお酒です。


☆独楽蔵 玄 純米吟醸 720ml 1600円
甘いタレを包み込むように受け止めるのは熟成した味わいの独楽蔵。
常温かお燗がオススメ。


☆ロゼ シャトー・プラド キュヴェ・ド・プラド・ロゼ 2018 750ml 1980円
キリっと冷やしてグイっと。うなぎの脂をスカッと流してくれます。


☆赤 エステザルグ グランヴィーニュ コート・デュ・ローヌ 750ml 1480円
ふっくらとしたうなぎの身には柔らかな果実味と合わせて。


☆赤 クロ・デ・グリヨン レ テール ブランシュV.V. 2018 750ml 3600円
蒲焼きのタレの香ばしい甘さと南仏の果実の旨みは魔法のマリアージュ(^^)


☆うなぎに合う日本酒&ワインセット 4本 6440円

<和食><あっさり魚介>鮨がよぎった

それは画家の薮さんのアトリエでのこと。
ワインのラベルデザインの打ち合わせをしながらこのワインを口に含んだ瞬間、
頭の中を鮨がよぎった。

香りも果実味も控えめ、塩っ気とほどよい酸味…
これは鮨、白身魚の鮨だ。
「鮨、食べたいですよね…」
打ち合わせの内容とまったく関係ない言葉を私は口走っていた。

ジュリアン・デリュー ポン・ブルゾー 2018

ジュリアン・デリューのワイン



<あっさり魚介>おさかなとワイン

あー、今日はどうしても魚がたべたいなぁー。
刺身なんていいなぁー。でもワインも飲みたいなぁー。
けど、刺身にワインって生臭くなるって聞いたことあるしなー。
やっぱり今日は無難に日本酒にしとこっ!

………そう思ったそこの貴方!朗報です!

お刺身に合うワインあるんです。

フランス ロワールの造り手『ランドロン』のミュスカデ “アンフィボリット・ナチュール”2018

柔らかい口当たりとグレープフルーツのような爽やかな酸とミネラル。
お刺身に少し柑橘を絞ってこのワインを口に含むとお口が喜ぶ喜ぶ。
ちなみにゆずを絞ったわかめの酢のものとの相性も抜群でした!

是非一度お試しあれ。

ランドロンのワイン



<中華・エスニック>辛い料理とアルザスワイン

辛い料理に合うワインを求める人っていると思います。
僕もスパイスカレーやらグリーンカレーやカレー作りにハマっていて、
その延長もあってエスニックや中華に合うワインってなんだろうと考えました。

今のところ、「ワインにも香りがあって甘さがあって料理に負けないものがいい説」がしっくりきています。
辛みの強い料理には香りも強いものが多くて、それを熱いうちに食べるには辛さを流してくれる相棒が必要だと思うのです。
そこに気付いてからは辛い物を食べるときはまずアルザスのワインを探すようになりました。

今だとチュスラン ゲヴェルツトラミネール ボーレンベルグ2016 おすすめです!
ライチや白い花などアジアンな香りと、ハチミツ系のほんのり甘い風味にうっとり。
食後にチーズでもつまみながらしっとり飲むときにもバッチリです。
華やかで味わいも強いワインってどんな料理に合わせるか迷うことも多いと思いますが、
パチンと組み合わさったときの感動もひとしおです。

是非この楽しさをみなさんにも味わってほしい!

* 同じワインをチーズと合わせてみたら … <チーズ>正反対の相性 by 石田

チュスランのワイン