BLOG

出谷右衛門のきょうの蕎麦前 其の一 自生クレソンと鴨の鍋

出谷右衛門(でやえもん)に行くと、いつもお品書きを読むのがたのしい。
野菜から、魚から、蕎麦から、細やかな季節の移り変わりを感じることができるからだ。
そこにまた季節のお酒を合わせる楽しさといったら!
個人的よろこびも兼ねた公私混同で、
ときどき不定期で気まぐれに更新します。

出谷右衛門のきょうの蕎麦前 
其の一 
自生クレソンと鴨の鍋

クレソンの季節は短い。ちょうど桜に目がいく3月半ばくらいから、4月半ばくらいまで。ゴールデンウィークあたりには、もう花が咲いてしまうそう。出谷右衛門の鴨鍋に添えられる葉物も、レギュラー選手の白菜や春菊に代わってこの時期にはクレソンが登場。佐賀県小城のみかん農家サトルさんの畑の横のきれいな小川に自生するクレソンが、鍋にほろ苦い春を連れてきてくれる。

合わせたお酒は
秋鹿 山廃純米 山田錦
秋鹿はかなりの種類の山廃※を造っていますが、原酒※が多いので骨太な印象の人が多いのでは。でもこの山廃は違います。アルコールちょい低めで軽やか。ふっくらとお米の滋味を感じながらスイスイ飲んでしまう。旬なクレソンのほろ苦さもさらりと受け流し、鴨肉の旨みもしっかり受け止めてくれる。常温もいいけどぬる燗が抜群すぎて、箸も杯も止まらんとですよ。(轟木)

●自生クレソンと鴨の鍋
1600円(1人前) *そば付き
<メニューにある時期>3月中旬~4月中旬くらい
*鴨鍋の時期は10月~4月中旬クレソンが終わるまで
*仕入れによってはない日もありますので、事前にお問い合わせください

●秋鹿 山廃純米 山田錦
五尺 500円
一合 900円
*2020年3月時点ではオンメニューしています

※【山廃(やまはい)】…山廃造りや生酛(きもと)造りというのは、現代主流の速醸(そくじょう)づくりが生まれる明治時代中盤まで主流だった。速醸造りは人工の乳酸を添加するのに対し、山廃・生酛造りは自然な状態であらゆる微生物が活動する中から強い乳酸菌をうまくとりこみ育てる。それぞれの造りにそれぞれのよさがある。

※【原酒】…加水によるアルコール度数を調整していない、しぼったままのお酒

蕎麦前 出谷右衛門
夜だけ営業する飲むための蕎麦屋。鬼平犯科帳好きな出谷一晴さんと妻のかいさんのふたりでやりくりする。見逃しそうな小さな表札、黒い通路の奥にある大きな木の扉を引いたところに、のんべえが篭りたくなる心地よさがある。

福岡市中央区大手門3丁目1-15-1
092-725-1789
17時~翌1時(LO12時半)
定休日 日曜・ハッピーマンデー

AUTHOR

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長
日本酒を飲んで飲まれているうちに、本の仕事から酒屋に転じて早9年。イベントを企画したり、「トッドちゃん新聞」を発行したり。嘉麻の三山(馬見山・古処山・屏山)を眺めながらの燗酒キャンプ計画中(したいなー)。

Staff

click

view more

轟木 渡
轟木 渡(Wataru Todoroki)
代表取締役
ボス

view more

安陪 成章
安陪 成章(Nariaki Abe)
とどろき酒店本店店長
師範代

view more

田中美佳
田中美佳(Mika Tanaka)
団長

view more

水上壯輝
水上壯輝(Moriaki Mizukami)
ひごもっこす

view more

大坪 千香
大坪 千香(Chika Otsubo)
エンゲル係数高め

view more

椿姐さん
椿姐さん(Tsubaki Nesan)
日々、進化中。

view more

石田 和也
石田 和也(Kazuya Ishida)
とどろき酒店 薬院stand! 店長

view more

塚ちゃん
塚ちゃん(Tsukachan/Dukachan)
ツカモトトラミネール

view more

西島克己
西島克己(Katsumi Nishijima)
ニッシーより愛を込めて

view more

中野浩司
中野浩司(Koji Nakano)
人にやさしく

view more

吉岡信雄
吉岡信雄(Nobuo Yoshioka)
いもがらぼくと

view more

あいりーん
あいりーん(Airin)
右から左へ 端から端までお騒がせ

view more

上田佑樹(Yuki Ueda)
Translator

view more

STAFF()